原宿&表参道、ベストショップ

「カワイイ」ファッションから古着、モードまで。東京随一のショッピングエリアで物欲を満たす

原宿-表参道、ベストショップ
作成者: Kaila Imada |
Advertising

原宿と表参道といえば、東京でも有数のショッピングエリアだ。古着、スポーツ用品、アイウェアなど、この街で買えないファッションアイテムはないと言っても過言ではない。この街を知り尽くすエディターが厳選した店を紹介しよう。

ショッピング

ドッグ

icon-location-pin 原宿

ウェア、バッグ、アクセサリーなど、個性溢れるセレクションで知られるヴィンテージショップ。そのオリジナル性は、レディー・ガガが来日した際、度々お忍びで訪れていることからも保証されている。原宿通り沿い、地下にある店内では、ヴィンテージのほか、若いデザイナーの作品やリメイクアイテムも展開。スタッズ、ワッペン、蛍光塗料、ホームセンターで売られる工具など、この店にあるアイテムは、普通のブティックで売られるものには、決して使われることのないであろう素材が用いられている。

ショッピング

キデイランド 原宿店

icon-location-pin 原宿

全国展開するキャラクターグッズの専門店、キデイランド。スヌーピーやハローキティといった人気キャラクターの専門店や、『ディズニー(Disney)』や『プリズムストーン(PrismStone)』といった子どもに人気のキャラクター専門コーナーを設置。車椅子やベビーカーでも快適に買い物できる、バリアフリー環境が整備されている。外国人対応が可能なスタッフも常駐しており、新たな表参道のシンボルとなるベニューだ。 

Advertising
ショッピング

キンジ 原宿店

icon-location-pin 原宿

東急プラザ 表参道原宿の並びにある古着屋、キンジ(KINJI)。古着のTシャツが735円~、シャツは945円~、スカーフは315円~と破格値で様々なアイテムが手に入る。アウターをはじめ、シューズ、バッグ、サングラスなどかなりの品揃えだが、アイテム別、テイスト別にディスプレイされているので欲しいアイテムが探しやすい。原宿でチープショッピングをしたいならば、ぜひチェックしておきたい店だ。

レストラン, コーヒーショップ・喫茶店

コーヒー マメヤ

icon-location-pin 原宿

2015年末に閉店したOmotesando Koffeeと同じ場所に國友栄一がオープンさせた豆の専門店、コーヒー マメヤ(Koffee Mameya)。コーヒー豆は15~20種類、すべて150gで販売。価格はそれぞれ1,200円~4,000円ほどだ。注文はカウンターで行い、家での飲み方やコーヒーの好みをバリスタに伝えて豆を選ぶ。5つのロースターの豆を扱っているため、好みによって複数のロースターのなかから勧めてもらえるというのが新しい。座って飲めるイートインスペースはなく、ドリンクはコーヒーとエスプレッソのみ提供する。

Advertising
ショッピング

モマデザインストア

icon-location-pin 表参道

ニューヨーク近代美術館の国外初進出となるミュージアムショップ、MoMAデザインストア。GYREビル3階にありMoMA限定商品などを含む2000アイテムほどを取り揃えている。もちろんMoMA永久所蔵品も扱う。ありがたいのはウェディングギフトサロン。実際に商品を手にとって専門のスタッフに相談しながら引き出物を選ぶことができる。1000円代のプチギフト商品も多くプレゼント探しの強い味方。

ショッピング

グッドデザインショップ

icon-location-pin 表参道

表参道のGYRE3階に入居する、グッドデザインショップ(GOOD DESIGN SHOP)。「デザインをしない事はデザインである」を掲げる『コムデギャルソン』と、時代に左右されない普遍性の強いデザインを紹介し続ける、ナガオカケンメイ率いる『ディアンドデパートメント(D&DEPARTMENT)』がタッグを組んだインテリアショップだ。扱うのは、メイドインジャパンの雑貨や家具など。椅子や棚は学校や美術館などで使用されていた中古のアイテムもあり、リースにも対応している。奥には『コムデギャルソン』の洋服を扱うスペースもある。「強いクリエーションは永久である」をコンセプトに、時代を先駆ける両者によるコラボレーションは私たちを楽しませてくれるに違いない。

Advertising
ショッピング, ヴィンテージショップ・古物商

オトエ

icon-location-pin 原宿

トルコ大使館近くにある人気ヴィンテージショップ、オトエ(OTOE)。いたるところに動物の剥製が飾られたミュージアム的な店舗には、独自の視点でセレクトされた、デザイン性の高い、質の良い古着が並ぶ。オリジナルリメイクブランド『OTOELOGY』や、気鋭のデザイナーによる洋服なども扱っている。 

ショッピング

パス ザ バトン 表参道

icon-location-pin 表参道

「現代のリサイクルショップ」がコンセプトのPASS THE BATONの2号店。店内には著名人の愛蔵品や、アンティークの家具、雑貨、衣類、絵画などが雑然と並べられている。すべての商品には、前の持ち主によるアイテムにまつわるストーリーが印刷されたタグがついている。古着屋ともアンティークショップとも異なる、物語も一緒に買うスタイルのショップだ。ショップデザインは、丸の内店と同じく、ワンダーウォールの片山正通が担当。 

Advertising
ショッピング

プトマヨ

icon-location-pin 原宿

ゴシックロリータにパンクファッションのテイストを落とし込んだデザインアイテムを展開するブランド『プトマヨ』が、ラフォーレ原宿内に構えるショップ本店。ドレス、シャツ、ジャケットに加え、シューズやバッグまでトータルにスタイルを提案。フリルやレースを施した甘めコーデ、スタッズやスカルをモチーフにしたハードなスタイルまで、原宿ストリートファッションを支える人気ブランドとして、海外でもその名を知られている。 関連記事 『原宿でしかできない50のこと』 『原宿界隈でロリィタになってみた』

ショッピング

ラグタグ 原宿店

icon-location-pin 原宿

全国に店舗を展開し、ブランド古着を専門に買取、販売するラグタグ(RAGTAG)のキャットストリート店。3フロアからなる店内には、メンズ、レディースともに国内外のデザイナーズブランドのアイテムが取り揃えられるほか、買い取り専用のフロアが設けられている。ずっと探していたレアアイテムに思わず出くわすかもしれない。 

もっとみる

東京で買い物するなら...

ショッピング

東京、ベストショップ100

東京には、あらゆる客に応える巨大ストアから、ニッチな趣味を持つコレクターを魅了する専門店まで、星の数ほどの店が存在する。ファッションひとつとっても、ドメスティックブランドで最先端のハイエンドファッションに身を包むのも、マニア垂涎(すいぜん)もののスニーカーを手に入れるのも、すべてが望むままだ。毎日に新しい風を吹き込みたいなら、ユニークなテーマを掲げるコンセプトストアや、日々の生活を豊かにするライフスタイルショップを巡ってみるものもいいだろう。ここでは、新たに加わった旬のヴェニューから定番の老舗まで、タイムアウト東京が選んだ100軒を紹介する。

Advertising