東京、オーガニックショップ&マーケット

休日に行きたい、オーガニックショップとマーケット

YEBISUマルシェ秋 ©KITCHEN MINORU

タイムアウト東京 > ショッピング&スタイル > 東京、オーガニックショップ&マーケット

2015年4月に食品表示法が施行(しこう)されて以降、栄養成分やカロリー、生産地と有機農法を示す日本農林規格(JAS)マークなど、食品に表示される情報は年々増えている。商品を裏返すと文字だらけという印象も受けるが、消費者が得られる情報が増えていると言える。オーガニック食品は、子どもがいる家庭や食の安全に関心を持つ人なら、遺伝子組換え食品や化学合成肥料、農薬などが使用されたものは避け、オーガニック食品を積極的に取り入れているのではないだろうか。生産者のこだわりを直接聞けるマーケットやオーガニック専門店は、スーパーと比べると多少値は張るがチェックしておきたいはず。家族連れでにぎわう恵比寿や青山のマーケットから、老舗佃煮メーカーが手がける町の商店まで、オーガニック食品が手に入るスポットを紹介する。

ショップ

ナチュラルハウス

青山や有楽町、目黒など、都内に10店舗以上がある、ナチュラルハウス。青山通り沿いにあるナチュラルハウスの本店では、有機野菜や鮮魚、精肉などの生鮮食品、店内で調理している総菜や、メディカルハーブ、オリジナルの化粧品、生活雑貨、書籍まで幅広く揃う。 

詳細情報
表参道

広尾ナチュラルマート

2002年にオープンした、広尾にあるオーガニック食品と雑貨の店。場所柄、輸入のオーガニック食材が豊富に揃う。種類は少ないが野菜も扱っており、1個から買えるジャガイモやタマネギはナチュラル派でなくても重宝する。季節によって、ホールのままのフレッシュなケールを販売している。 

詳細情報
広尾
Advertising

ビオ セボン麻布十番店

麻布十番にある、フランスを拠点とするオーガニックスーパーマーケットビオ セボン(Bio c' Bon)の日本1号店。同スーパーマーケットでは、フランス直輸入のビオワインやチーズなどの食品のほか、日用品やコスメなどのオーガニック商品を専門に扱っている。イートインコーナーも設けており、販売されている総菜やオーガニックコーヒーを味わいながら一息つける。

詳細情報
麻布十番

遠忠商店

水天宮、日本橋公会堂の前にある食材店。老舗佃煮屋の遠忠商店が経営しており、オーガニックの国産食材をメインに扱っている。店の前のカゴに盛られた野菜は毎朝全国から届く新鮮なもの。日によっては甘酒の試飲販売や、行商による魚などの販売がある。オープンと同時に客がひっきりなしに訪れ、町の商店といった雰囲気だ。ノリやアサリなどの佃煮は、江戸時代から変わらない直火釜で作られている。千葉県産のノリやクキワカメは、東京都が推進する地産地消をしめすEマークがついており、手土産にもいいだろう。

詳細情報
人形町
Advertising

こだわりや 新宿店

新宿の小田急百貨店内にあるこだわりやは、曜日や季節によって品揃えが変わるユニークな食材店だ。減農薬や有機栽培の野菜を中心に、国内外のオーガニック食品を扱う。毎日入荷される野菜は市場ではなく専門の問屋から直接仕入れており、日本各地の旬の野菜や果物が並ぶ。すべての野菜にポップが貼ってあり、産地と生産者、化学合成農薬、肥料の使用の有無が明記してある。惣菜もあり、平日限定のオーガニックキッチンの弁当は、マクロビオティックや肉、魚など毎日異なる種類を販売している。毎週金曜日15時頃に入荷されるザクセンの焼きたて天然酵母パンといった人気の商品も見逃せない。

詳細情報
新宿

クレヨンハウス

表参道の裏通り、子どもの本専門店クレヨンハウスの地下にあるオーガニック食品専門店。国産の有機野菜やオーガニック認証を受けた輸入食品を扱っている。作家の落合恵子がプロデュースしている店として知っている人も多いのでは。吹き抜けのウッドデッキスペースには巨大なショーケースがあり、日本各地から取り寄せた有機野菜が陳列されている。産地、生産者、スタッフのコメントを記した手書きのポップを読みながら食材選びを楽しみたい。国内外から注目を集める有機日本酒やビオワインの並ぶアルコールコーナーも要チェックだ。店内には大豆ミートや植物性の材料だけを使ったチョコやアイスクリームなど、ヴィーガン向け食材も扱う。オーガニックレストラン認証を受けた「広場」が併設されており、野菜市場で扱う旬の有機野菜を使った料理を提供している。

詳細情報
表参道
Advertising

マーケット

恵比寿マルシェ

毎週日曜日に、恵比寿ガーデンプレイスで開催されているマーケット。30~40ほどの店舗が出店し、野菜や惣菜、雑貨などを販売する。野菜は原則国産で、市場仕入れではなく農家直送、直売のものだけに限定されている。支持を集めるもう一つの理由が、扱う食品は化学保存料や合成着色料を使用していない点。すべてがJAS規格の認証を持っているわけではないが、少しでも気になることがあれば店主がすぐに答えてくれるので安心だ。開催日によっては軽食などを販売するキッチンカーもあるので、食べ歩きしながら買い物を楽しめる。

詳細情報
恵比寿

ファーマーズマーケット@UNU

国連大学前で毎週末開催されているマルシェ。表参道からすぐという立地も魅力だが、野菜やフルーツの新鮮さにも驚かされる。ここで扱う食材は、今すぐ食べて美味しいものばかりなのだ。減農や、無農薬などにこだわっている出店者が多く、生産者から直接購入できる安心感も人気の理由の1つだ。日本酒やコーヒー、古着など、テーマを設けたイベントを同時開催しており、行けば新しい出会いがあるだろう。

詳細情報
青山
Advertising

太陽のマルシェ

2013年9月にスタートしたマルシェ。勝どきの月島第二児童公園で定期開催している。月ごとに異なるテーマを設定し、旬の野菜を紹介している。全国各地から希少な食材が勢揃いするほか、収穫体験やワークショップなども実施している。飲食エリアにはキッチンカーが並び、食事も楽しめる。

詳細情報
勝どき

安穏朝市

毎月第3日曜日の朝9時〜15時に、築地本願寺の境内で開かれる朝市(現在、工事のため一時休止中。2018年春に再開予定)。「安穏(あんのん)」は、浄土真宗の宗祖(しゅうそ)、親鸞(しんらん)の「世の中安穏なれ( 安らかで穏やかな日々を望む)」の言葉から。マーケットでは、採れたて野菜や果物や保存食、手作りパンや菓子、暮らしの雑貨など、日本各地の安心安全の品が揃う。飛び入り可能な『青空即興ライブ』のほか、折り紙や組ひもづくりなどのワークショップも行われている。

詳細情報
築地
Advertising

ヘルシーに生きる……

東京、ブッダボウル

ブッダボウルという食べ物を知っているだろうか。野菜や穀物、アボカド、ヒヨコマメといった植物性たんぱく質豊富な食材にタヒニソースをかけたカラフルなサラダのことだ。アメリカでは、2017年にブームとなると予想された食べ物のひとつだった。実際にInstagramでは「#buddhabowl」というハッシュタグがトレンドになった。

詳細情報
By Satomi Saruwatari

コメント

0 comments