中目黒&池尻大橋、ベストカフェ

散策の合間に立ち寄りたいカフェを紹介

2016年には高架下空間も誕生し、さらに盛り上がりを見せる中目黒と、コーヒータウンとして知られる池尻大橋。ここでは、2つの街でぜひ訪ねてほしいおすすめのカフェを紹介する。中目黒と池尻大橋を電車で行き来しようとすると乗り換えが面倒なので、両方の街を一度に楽しむならば、徒歩で散策するのがおすすめだ。センスの良い古着屋やセレクトショップ、時にはカフェに立ち寄りながら、のんびりと街歩きを楽しんでほしい。春には、目黒川沿いに咲く満開の桜を眺めながらコーヒー片手に散歩をするのもまた良いだろう。

カフェ ファソン

中目黒で最も美味しいコーヒーが飲める一軒であるカフェ ファソンは、スペシャルティーコーヒーの専門店。ブレンドやシングルオリジンのコーヒーを提供する。メニュー表には、コクや酸味、軽さなど、コーヒー豆の特性が分かりやすく説明された図もあるので、コーヒーに不慣れな人も心配はいらない。質の高い茶葉だけを揃えた紅茶や自家製ケーキも自慢のメニュー。サンドイッチセットはランチとしても満足いくボリュームだ。

詳細情報
中目黒

オニバスコーヒー 中目黒店

ルワンダやグアテマラなど、産地まで足を運んで豆の買い付けを行い、こだわりの一杯を提供しているオニバスコーヒーの中目黒店。古民家を改装した店内には、最新のエスプレッソマシンと焙煎機が設置されている。また、気軽に立ち寄れる店先のカウンター席に加え、2階には落ち着いた雰囲気のイートインスペースも。2階の窓からは、側を走る東横線をはじめ春には隣の公園に咲く桜なども眺めることができるので、陶芸作家のイイホシユミコと考案したオリジナルカップでゆったりとコーヒーブレイクを楽しみたい。

詳細情報
中目黒
Advertising

グッドピープル & グッドコーヒー

ギャラリーを併設するコーヒースタンド。エスプレッソベースのコーヒー『FLAT WHITE』(500円)をはじめ、さまざまな抽出方法でオリジナルブレンドのコーヒーを楽しむことができる。フードメニューの『English Muffins Hot Sand』(ツナ&チーズ450円、ハム&ナッツ480円)も好評。ギャラリースペースでは、毎回個性的な展示が行われている。

詳細情報
池尻大橋

ピーナッツ カフェ

スヌーピーをテーマとしたカフェ。中目黒の目黒川沿いに店を構える。アメリカの西海岸をイメージした同カフェでは、『ピーナッツ』のエピソードにも登場したちびっこ野球チーム、ザ グースエッグスにちなんだプレート『ザ グースエッグス スライダー』や、スヌーピーもキャンプで楽しんだ焼きマシュマロ『ビーグル スカウト スモア』、ピーナッツバターを使用した『ピーナッツバターミルクセーキ』などのフードやドリンクを楽しむことができる。

詳細情報
中目黒
Advertising

アラスカ ツヴァイ

池尻大橋駅から山手通りを中目黒方面へと歩き、目黒川をこえて2つ目の角を右へと曲がったところにあるベジタリアンカフェ。晴れた日にはレトロ感たっぷりな窓が開け放たれ、明るい店内で食事をとるのが気持ち良い。ナチュラル・カラミティなどで活躍するミューシャンでDJの森俊二がプロデュースしている。カウンターもあり、ひとりでも気軽に入れるので女性客も多い。カフェの隣には、森の友人であるスタイリスト、本間良二の洋服屋『The Fhont shop』が併設されている。

詳細情報
池尻大橋

ほかのエリアもチェックするなら...

東京、ベストカフェ50

コーヒーが日本に伝わったのは江戸時代と言われている。当初は、その味と香りがなかなか受け入れられなかったそうだが、明治時代の終わり頃から喫茶店も多く登場し、日本にもコーヒー文化が根付いてきた。そして今もなお、時代の移り変わりとともに日本のコーヒー、カフェ文化は独自の進化を遂げている。この特集では、星の数ほどある東京のカフェのなかから、サードウェーブのブームによって生まれたコーヒー専門店や、カフェの歴史に名を残す老舗、テーマを持ったカフェなど50軒を紹介する。一人じっくりとコーヒーに向き合いたい時はもちろん、友人との会話を楽しむ場や、街散策の休憩スポットとしてもぜひ足を運んでみてほしい。

詳細情報
By Shiori Kotaki

コメント

0 comments