『ニッポンのおみやげんきプロジェクト』
『ニッポンのおみやげんきプロジェクト』

白い恋人×博多通りもん×萩の月、三大土産のコラボ商品が発売

『ニッポンのおみやげんきプロジェクト』が5月16日に始動

作成者: Genya Aoki
広告

あの人気銘菓を一気に味わえる夢のコラボレーションが現実になった。

『白い恋人』の石屋製菓、『萩の月』の菓匠三全、『博多通りもん』の明月堂は、2021年5月16日(日)の「旅の日」に3社協同の新プロジェクト『ニッポンのおみやげんきプロジェクト』を開始した。

同プロジェクトは、新型コロナウイルス感染拡大による観光客の減少という、共通の課題に直面する地方の土産菓子メーカー3社が「コロナ禍で落ち込んだ世の中をお菓子のチカラで元気にしたい」という思いのもとに結成したもの。

『ニッポンのおみやげんきプロジェクト』
『ニッポンのおみやげんきプロジェクト』

プロジェクト第1弾として、3社それぞれの代表菓子である『白い恋人』『萩の月』『博多通りもん』を、一箱に詰め合わせた『おみやげんきBOX』(5,400円、送料込み)を5月16日から販売を開始。

『ニッポンのおみやげんきプロジェクト』
『ニッポンのおみやげんきプロジェクト』

同商品の中には、『白い恋人 ホワイト18枚入』『萩の月 6個入』『博多通りもん 12個入』が1つのボックス内に詰まっている。さらに、オリジナル風呂敷付きだ。

購入は特設ウェブサイト限定で、初回発送は5月末ごろを予定。第2回の発送は6月上旬と注文から2、3週間程度かかるので、早めに注文しておこう。

明月堂の代表取締役、秋丸真一郎は「コロナ禍で旅行や出張が今まで通りにできなくなった今、お土産が思い出になることができなくなった今、どうしたら皆さまの心に“よろこび”をお届けすることができるかを考え、北海道・宮城・福岡3社のお土産の力で少しでも日本を元気にできればと力をあわせました」(原文ママ)とコメントを寄せている。

今後は催事出店や各社の商品、素材を組み合わせた限定商品の開発なども進めていくとのこと。

ご当地銘菓で各地に思いをはせてみるのはいかが。

『ニッポンのおみやげんきプロジェクト』の詳細情報はこちら

関連記事

和歌山県の無人島で1日1組のプライベートキャンプを体験

稲毛海浜公園にオープンしたグランピング施設が革新的な6の理由

京都の夜空と朝日を独り占め、モバイルハウス住箱で駅前キャンプ

谷中を旅するように暮せるホテル、YANAKA SOWが誕生

山奥に眠るメタボリズム建築の傑作が宿泊施設へ

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告