Virgil Abloh
Photograph: Shutterstock

ヴァージル・アブローの回顧展がブルックリン美術館で開催

約20年にわたるキャリアを紹介

Anna Rahmanan
テキスト:
Anna Rahmanan
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

2021年11月に41歳の若さでこの世を去ったデザイナーのヴァージル・アブロー。彼が20年にわたり生み出した作品を紹介する死後初の回顧展「Virgil Abloh: “Figures of Speech”」が、2022年7月1日からニューヨークのブルックリン美術館でスタートした。

同館はプレスリリースで、この展覧会について「本展は、現代のファッション、アート、商業、デザイン、若者文化の概念を変えた故ヴァージル・アブローにささげる、初の網羅的な美術館展。ファッション、大型彫刻、没入型スペース、ビデオ、スケッチなど、アブローの約20年にわたるキャリアを紹介します」と表現している。展示内容は、2019年からシカゴやボストン、カタールで開催された同名展の内容をベースにしているという。

アブローはアートとファッションの世界を定義した人物の一人で、大学では建築を学んだ。ルイ・ヴィトン初の黒人クリエーティブディレクターに就任したことでよく知られる彼は、2013年にミラノを拠点とするファッションハウス「オフホワイト」を設立し、クリエーティブ界にその名を刻む。がんと闘い、早過ぎる死で世界中の「信奉者」が悲しみに暮れた後も、彼のブランドは絶大な人気を誇っている。

「Virgil Abloh: “Figures of Speech”」は2023年1月29日(日)までの開催。

関連記事

A Virgil Abloh exhibition is opening at the Brooklyn Museum this summer(原文)

東京、ベストスニーカーショップ

ブルックリンのダウンタウン地区が「カーフリー」ゾーンに

ブルックリンにスーパートール級の超高層ビルが登場

ニューヨーク、ブルックリン橋の自転車専用レーンが完成

ニューヨークのブルックリン公共図書館がリニューアル

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら  

最新ニュース

    広告