Yamanote line
Photo: ちゃんこちゃんこ(Photo-AC)

首都圏各線、20日から終電時間繰り上げを開始

深夜の人出を抑制するため実施時期を前倒し

作成者:
Time Out Tokyo Editors
広告

首都圏の鉄道会社が各線の終電時刻を2021年1月20日(水)から繰り上げることを発表した。実施期間は20日から当面の間で、首都圏の11線区計42本、土曜と休日計40本を対象に最大30分ほど、終電時刻が早まる。

当初、繰り上げは2021年3月のダイヤ改正で実施される予定だった。しかし緊急事態宣言の影響や国や自治体からの要請を受け前倒しを決定し、一部の列車を運休したり回送運転にすることで対応する変更の影響を受ける主な路線は以下の通りだ。

JR東日本:山手線、京浜東北線、中央線、総武線などの主要路線の終電を最大32分繰り上げ

小田急電鉄終電を最大28分繰り上げ、新宿駅を午前0時半以降に出発する列車の運転を取りやめ

西武鉄池袋線、西武有楽町線、新宿線の終電を最大23分繰り上げ

東京メトロ:全路線の終電を最大23分程度繰り上げ

東京都交通局都営地下鉄全線、日暮里・舎人ライナーの終電を最大23分繰り上げ

東急電鉄こどもの国線を除く全路線の終電を最大26分繰り上げ

京王電鉄京王線(競馬場線、動物園線を除く)、井の頭線の終電を最大30分程度繰り上げ

京浜急行電鉄:京急本線、久里浜線、逗子線の終電を平日のみ最大30分程度繰り上げ

京成電鉄:京成押上線の終電を14分繰り上げ

東武鉄道:東武スカイツリーライン、東武アーバンパークライン、東武東上線の終電を最大18分繰り上げ

相模鉄道:全線の終電を最大18分繰り上げ

なお、今回の繰り上げは3月のダイヤ改正案とは異なるので注意が必要だ。詳細については、各線の公式ウェブサイトから確認してほしい。 

関連記事

緊急事態宣言、大阪や愛知など7府県にも追加発令

Go To トラベルキャンペーンが全国一時停止

日本への新規入国を全面停止が一転、ビジネス関係者受け入れ継続か

緊急事態宣言による商業施設や飲食店などの営業情報

1都3県で20時以降の不要不急の外出自粛など前倒しで要請

最新ニュース

    広告