ニュース

東京駅にサステナブルな食体験ができる野外フードコートが登場

アマン東京のビーガンメニューなど

Youka Nagase
テキスト:
Youka Nagase
Editorial Assistant, Time Out Tokyo
Beeat Yaesu
Photo: Beeat Yaesu
広告

近年、東京でもビーガンレストランや、環境に配慮した食材を使用した店などが続々と登場し、サステナブルな食文化が構築されつつある。東京駅の八重洲中央口に期間限定でオープンしたビート八重洲Beeat!!八重洲)は、「食の未来につながるものがたりの発信」をコンセプトにしたフードコート。現在8台のフードトラックが出店しており、ビーガンメニューを含むサステナブルな料理を楽しめる。

Beeat Yaesu
Photo: Beeat Yaesu

アペタイザーには、アマン東京のバーニャカウダがおすすめ。旬の野菜や、八重洲近郊にある都市型の植物工場で栽培された京橋レタスをディップして味わえる。フードトラックのビーナスでは、フジッコの『ダイズライス』を使った『スリランカ風薬膳スープカレー』や『パエリア』などを提供。『ダイズライス』は大豆を主原料とした米状の食品で、米よりも高タンパク質かつ低糖質なことで注目されている。

Beeat Yaesu
Photo: Beeat Yaesu

そのほかソフトドリンクやビール、カクテルなどの酒類を販売するドリンクトラック2台と、イタリアンスタイルのピザトラックも登場。完全なビーガンメニューを食べたい場合は、中国料理店の泰興楼へ。大豆ミートを使ったジャージャー麺は絶品だ。

Beeat Yaesu
Photo: Beeat Yaesu

また、ベジタリアンブッチャーの肉厚でジューシーな『プラントベースハンバーガー』で腹を満たした後は、植物油や動物由来の乳脂肪などを使用しないビーガンアイスクリームで締めくくるのもいいだろう。センター内には座って食事を楽しめるテーブルや椅子、ベンチを設けたオープンスペースもある。 

Beeat Yaesu
Photo: Beeat Yaesu

ビート八重洲は、2022年3月末までの出店予定。今後は、Brillia SHORTSHORTS THEATER ONLINEとの連携により、食をテーマとしたショートフィルムの上映や、映画に登場する料理を再現したメニューの提供なども行う予定だ。

ビート八重洲の詳細はこちら

関連記事

焼肉ライクが中学生以下に大豆ミートのカルビをプレゼント

ビーガン豆皿定食やロースイーツが楽しめるカフェ、小春日和TOKYOが登場

東京、ビーガンレストラン10選

東京、ビーガンアイスが味わえる店7選』

料理人の愛と未来が詰まったsioの新店舗が10月1日表参道にオープン』 

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告