the hiramatsu
ホテル外観

新しい旅の在り方を提案、ひらまつのホテルが軽井沢に誕生

半露天風呂完備の客室や屋外での特別な食体験などを提供

テキスト:
Time Out editors
広告

熱海や箱根、賢島などでラグジュアリーなオーベルジュを展開するひらまつホテルズ(HIRAMATSU HOTELS)が、6番目の施設となるTHE HIRAMATSU 軽井沢 御代田を開業、2021年316日(火)のオープンに向けて予約を開始した。「森のグラン・オーベルジュ」をコンセプトに、ニューノーマル時代の新しい旅の在り方を提案している。

the hiramatsu
Table Nature

まず体験したいのは、屋外でその土地の恵みを味わい尽くせるターブルナチュール(Table Nature)だ。テラスでの朝食セットや芝生で広げるモーニングバスケット、野外のテーブルでリネンとカトラリーをセットし味わう本格的なフランス料理など、自然を感じながらいつもより感覚が研ぎ澄まされた特別な食体験を堪能できる。

the hiramatsu
本館 2階 ラウンジ

たき火を囲んで緩やかに人とつながるラウンジなど、森の暮らしを楽しむコンテンツも満載だ。フルコースを堪能するメインダイニングのほかに、5階のオールデイダイニングでアラカルト、部屋での食事などフレキシブルに楽しめる。

the hiramatsu
ヴィラスイート

滞在のスタイルも自由だ。御代田の街や森を一望できる本館28室以外にも、屋外に続くテラスや簡易キッチンが設置されたヴィラが合計9棟連なっており、長期滞在の要望にも応えている。なかにはプライベートなドッグラン付きのヴィラもある。

the hiramatsu
本館客室(スカイビュー)

全ての客室にはテラスと大塩温泉の半露天風呂が完備され、プライベートな空間でありながら十分な解放感を得られるのがうれしい。御代田町は軽井沢駅からのアクセスがいいのだが、観光地から離れたロケーションなので、森の中で暮らすようなピースフルな時間を過ごせるだろう。

the hiramatsu
趣向を凝らした料理(オールデイダイニング)

シェフの柳原章央(やなぎはら・あきお)は、レストランひらまつ パリ店で経験を積み、西麻布にあるレストランひらまつ  レゼルヴでの料理長の経験もある。開業までの2年間、自らの足で信州食材を探求して、地元で収穫された生でも食べられるブロッコリーや、小型のキウイのような果実、サルナシなど、このエリアならではの素材と出合い、この地域の豊かさを伝えるメニューを構想中だという。

自然に回帰し、食を起点に極上の日常を味わう。そんな人と地域とのマリアージュを体感できる宿となることだろう。

THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田の公式ウェブサイトはこちら

テキスト:間庭典子

関連記事

自宅で佐賀の歴史や文化を五感で楽しむプランで旅気分に

京都、町屋風の宿泊施設にハローキティルームがオープン

発酵食品を堪能できるGINZA KUKIが時短コースを開始

刺激的過ぎるアートホテル、BnA Wallが日本橋にオープン

特別な日に取り寄せたい究極のグルメ

最新ニュース

    広告