大井競馬場
Photo: kawa*******mu(写真AC)

大井競馬場が新型コロナウイルス感染症ワクチン接種の会場に

1日当たり250人程度を想定、一般客とは完全分離して実施

作成者: Time Out editors
広告

2021年3月29日、東京都品川区は新型コロナウイルス感染症のワクチン接種会場に大井競馬場を追加した。NHKの報道によれば、これはワクチン接種を円滑に進めるための品川区による措置の一環で、人が密集しないよう会場を点在させることが目的。

屋内の観客席を接種場所にするということで、1日当たり250人程度の接種を想定している。また、日刊スポーツの報道では、同競馬場の観客とは動線を完全に分ける。会場の広さと車での来場も可能なことから選んだという。

品川区内のワクチン接種には、区から郵送される「接種券」などの書類が必要。5月上旬以降に発送予定で、その後予約することとなる。

品川区内のほかのワクチン接種会場や接種の詳細については、公式ウェブサイトを参照してほしい。

関連記事

ANAがワクチン接種履歴などのデジタル証明書実験を実施

ワクチンパスポートについて知るべき5のこと

EUがワクチンパスポートを導入

カンタス航空の社長、海外旅行にワクチンパスポートは必要

ワクチン接種すれば陰性証明と隔離なしで旅行できる国リスト

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告