Tour Triangle
Photograph: Herzog & de Meuron

パリ中心部で約50年ぶりに高層ビルが建設

ヘルツォーク&ド・ムーロンが設計の「三角タワー」

Sophie Dickinson
テキスト:
Sophie Dickinson
広告

パリは大通り、砂利道の公園、輝く石灰岩の建築物で知られているが、ニューヨークの摩天楼にあるような高層ビルはほぼない。実際、今でもパリの中心部で目立つビルは、Tour Montparnasseだけだ。しかしこの孤独な高層ビルに、もうすぐ「仲間」ができることが発表された。

三角形のデザインが印象的なTour Triangleが建てられるのは、ポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場の敷地内。43階建てで、1973年以来市内に建設される建造物の中で最も高いものとなる。建設工事は、2024年にパリで開催されるオリンピックに間に合うように完了する予定だ。

このビルのデザインが最初に提案されたのは2008年だったが、市当局は何度もデベロッパーへ着工の許可を与えてこなかった。しかし裁判所がその決定を覆したため、設計を担当したヘルツォーク&ド・ムーロンは、2021年後半にも建設を開始したいと考えているという。

このビルはその形状から、立っている場所によって全く異なる印象となる。市街地からだとと薄いガラス張りの長方形のように見え、東と西からは、その三角形の輝きが全て見えるのだ。

約50年ぶりにパリ中心部に建てられるパリのこの高層ビルについて、あなたはどう思うだろうか。

原文はこちら

関連記事

パリ、2030年までにヨーロッパで最も緑な都市へ転換

パリ市が100%自転車で移動できる街になるための計画を発表

駐日フランス大使が語る、日仏のサステナブルな未来のために必要なこと

パリ発、環境に優しいモダンな寝台列車が2024年に運行開始

香港に視覚文化美術館、M+が11月にグランドオープン

最新ニュース

    広告