ディズニーホテル
ディズニーホテル

2023年ディズニーシーに新エリアが開業、アナ雪やピーターパンが舞台

大規模エリアを拡張、大型ホテルもオープン

テキスト:
Time Out editors
広告

東京ディズニーシーが2023年に大規模な改革を行い、新エリア「ファンタジースプリングス(Fantasy Springs)」が誕生することが発表された。ディズニー映画『アナと雪の女王』と『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』をテーマに、レストランや乗り物などのアトラクションを展開する。

新エリアの開業に当たり、敷地を拡張する予定で、総開発面積は約14万平方メートルに及ぶ見込みだ。

東京ディズニーランドとディズニーシーを運営するオリエンタルランドはこのほど、ファンタジースプリングスのイメージ模型を初めて公開した。新エリアへは「アラビアンコースト」と「ロストリバーデルタ」の間にできる通路から進むことになる模様。

『アナと雪の女王』を舞台とするエリアは、映画の終盤、雪の女王であるエルサが氷の魔法を受け入れた後の世界を再現しており、ゲストは門が開かれたアレンデール王国を訪れることになる。アナとエルサ姉妹の心温まるストーリーを巡るアトラクションと、アレンデール城の中にはレストランが導入される予定だ。 

アナと雪の女王のエリア
アナと雪の女王のエリア

『塔の上のラプンツェル』のアトラクションでは、ラプンツェルと一緒に映画の中で描かれたランタンフェスティバルまでの道のりを体感。名曲とともに、多くのランタンに包まれながらロマンチックなフィナーレを体験することができるだろう。そのほか、愉快な荒くれ者たちの隠れ家をイメージしたレストランもオープンする。 

『ピーター・パン』のエリアには、2つのアトラクションを展開。ネバーランドのジャングルを飛び立ち海賊たちと戦う大型アトラクションと、ティンカーベルと妖精たちが住むピクシー・ホロウを訪れるキュートなアトラクションが導入される予定だ。レストランでは、ネバーランドの幻想的な景色を眺めながら食事ができる。

ピーターパンのエリア
ピーターパンのエリア

そのほかファンタジースプリングスには、ファンタジースプリングスのテーマでもある「魔法の泉」を囲うように建つ、ディズニーホテルも開業する。ホテルの客室からは新エリア全体を眺めることができ、パークと一体となった宿泊体験を提供する。

2023年のオープンまでまだ時間があるが、それまでの間はこれらの3作品をもう一度鑑賞しておくといいかもしれない。

関連記事

ジブリパーク、ハウルの城を再現した施設のイメージを公開

ソニー・ピクチャーズ、タイでコロンビア映画のテーマパークを開業

世界初、淡路島のテーマパークに実物大ゴジラが上陸

ハリポタの世界に旅へ、テーマパークについて現在分かっていること

カップヌードルミュージアムが香港に上陸

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告