Nebula
Upper Class International Designers

ニューヨークのタイムズスクエアに新しいクラブがオープン

近年マンハッタンにオープンした中で最大規模

テキスト:
Melissa Kravitz Hoeffner
広告

ニューヨークで一年の締めくくりを派手に楽しみたいと思っている人に朗報が届いた。2021年11月5日(金)、タイムズスクエアに複数階から成る新しいクラブ、Nebulaがオープンする。このクラブの立ち上げるのは、ニューヨークのナイトライフシーンのエキスパートでこれまで1OAK、Up&Down、Yang Gaoにも関わってきたリッチー・ロメロだ。

700人を収容できるNebulaの広さは約1020平方メートル。ここ数年でマンハッタンにオープンしたクラブの中で最大規模だ。ダンスフロアは約510平方メートルで、客が得意の踊りを見せつけるには十分なスペースがある。中2階と下の階には、グループ専用の3つのプライベートクラブルーム(専用トレイ付き)が用意され、ナイトアウト体験を思うままに楽しめる。例えばカラオケナイト、20人での着席ディナー、親しい友人とのプライベートダンスパーティーなどが開催できるという。

天井に見えるのは、可動式の6枚の巨大ビデオパネル。個別に動かすほか、傾けることもでき、また統合して一つの巨大スクリーンにすることも可能。これらを活用することで、宇宙のような夜空を作り出したり、リズミカルなライトティングを施したりと、毎晩の演出に変化を持たせることができるようになっている。

この投稿をInstagramで見る

Nebula(@nebulanewyork)がシェアした投稿

Nebulaでは、ニューヨークのナイトライフの復活と連動するように、10月22日からハロウィーンの週末までは、プレビューイベントを開催。11月5日(金)のグランドオープンの日にはスペシャルなサプライズゲストが登場する予定だ。6日(土)には、元NBAのスター選手である異色のDJ、ロニー・サイカリーがオープニングウィークエンドを盛り上げる。

原文はこちら

関連記事

銀座コリドー街にクラブミュージックの新名所誕生

ドイツのナイトクラブが文化施設に正式認定

「クラブ界の父」が語る、この時代だからできること

ダンスミュージックを形成した5の都市

ニューヨークにナイトライフ博物館が誕生か

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告