めんたいパーク群馬
めんたいパーク群馬

関東初進出、かねふくめんたいこのテーマパークが群馬に登場

見学ギャラリーやフードコートがそろうめんたいパーク、出来たての『生明太子』も

テキスト: Nanako Kobayashi
広告

博多に拠点を置く老舗めんたいこメーカーのかねふくが、2022年4月21日にめんたいパーク群馬をオープンした。かねふくはこれまで全国各地にめんたいパークを展開しているが、今回が関東内陸への初進出だ。

めんたいパーク1階フロアにあるつぶつぶランドでは、めんたいパークのキャラクター、タラコン博士によるめんたいこの説明パネルや、トリックアートを駆使して楽しく学べるエリアが広がる。つぶつぶランドを抜けると、実際にめんたいこが生産される様子をガラス越しに見学できる工場見学エリアへ続く。直売コーナーでは、パーク内の工場で作られた冷凍していない出来たての『生明太子』を購入できるのも魅力だ。

めんたいパーク群馬

同じく1階のフードコートでは『明太ジャンボおにぎり』や『鬼盛り!めんたい丼』、『明太パスタ』などのメニューに加え、ここでしか味わえない珍しいグルメを販売。特にバニラソフトをベースにピリッとしためんたいこの辛さがアクセントとなった『めんたいソフトクリーム』は、ぜひ試してほしい。 

めんたいパーク群馬

また2階フロアにはキッズランドがあり、パークのキャラクター、タラピヨをモチーフに使ったジャンボスライダーやトランポリン、ボルダリング、タッチパネルゲームなど、子どもが安全に楽しく遊べる設備が充実している。

めんたいパーク群馬

つぶつぶランド、工場見学、キッズランドは全て入場無料。都心からもアクセスしやすく、家族でもカップルでも一日たっぷり遊べるテーマパークに足を運んでみては

めんたいパーク群馬の詳細はこちら

関連記事

21歳のサウナーが目指す「極楽温浴施設」、三田の歴史的銭湯がリニューアル

地上229mのルーフトップバー「ザ・ルーフ 渋谷スカイ」が期間限定でオープン

木更津に「泊まれる寿司屋」がコンセプトのリゾートが誕生

2022年注目のグランピング施設8選

博多湾を一望、ドーム型テントのグランピング施設がオープン

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告