北見ハッカ
『北のかおりハッカマスク』(北見ハッカ)

北見ハッカのメントール成分配合マスクが発売

北海道の名品『ハッカ油』加工のマスク、2021年4月販売開始

作成者:
Hisato Hayashi
広告

暖かな春の訪れとともに、人々を悩ませる花粉症の季節が到来した。新型コロナウイルスの対策としてマスク生活にも慣れた昨今だが、装着時の不快感を覚える人は少なくない。そんなマスクの不快感の改善や、花粉症患者にもおすすめしたい商品の発売が決定した。

北海道の北見ハッカコラボレーション

北見ハッカ
北見ハッカ

北海道土産といえば白い恋人や六花亭のスイーツが有名だが、北見ハッカ通商の『ハッカ油』は天然100%のミント成分メントールを抽出したオイルで、長年人気がある。夏の暑い時期に清涼感を与え、虫よけにも効果がある商品だが、この『ハッカ油』とコラボレーションした『北のかおりハッカマスク』(1,320円)が開発された。

キシリトール+ミント加工+ハッカ油成分のマスク

北見ハッカ
『北のかおりハッカマスク』

マスクの生地は、キシリトールとミントの加工に『ハッカ油』をマイクロカプセル化した特殊な技術を用いている。ひんやりとした接触冷感生地と、ハッカの香りでリフレッシュできそうだ。別売りの『ハッカ油ロールオンタイプ』(1,320円)を口元のミントマークに塗れば、ハッカの爽やかな香りがアップするという。

北見ハッカ
『ハッカ油ロールオンタイプ』

販売は2021年4月5日(月)を予定。全国の一部バラエティーショップ、ドラッグストア、総合スーパー、量販店、砂山靴下オンラインショップなどから順次発売される。花粉症や新型コロナウイルス対策に加え、転居や転職など慌ただしいこの季節は、ハッカの香りとともに乗り切ろう。

関連記事

151柄から選べるオリジナルポケモンマスクの販売がスタート

200種類以上そろうフェイスマスク専門店が東京駅にオープン

ゴッホやルシェの作品をプリントしたマスクがMoMAからリリース

マスクをしてもメガネが曇らない裏技

自粛中の花見は、桜の枝や旬のブーケを自宅に迎えて

最新ニュース

    広告