Undated stock photo of Haneda Airport in Tokyo
Photo: Makoto H/Photo-ACUndated stock photo of Haneda Airport in Tokyo

政府、アメリカやカナダなど106カ国の入国拒否解除

4月8日からアメリカやインド、イギリスなど、ビザ発給制限は継続

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

政府は2022年4月6日、新型コロナウイルス感染症の水際対策を一部改め、これまで入国を拒否していた一部の国と地域を対象から外すと発表した。日本経済新聞の報道によると、適用されるのは8日(金)0時からで、対象となるのは以下の106の国と地域。

インド、インドネシア、カンボジア、スリランカ、タイ、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、東ティモール、フィリピン、ブータン、マレーシア、ミャンマー、モルディブ、モンゴル、フィジー、カナダ、米国、アルゼンチン、アンティグア・バーブーダ、ウルグアイ、エクアドル、エルサルバドル、ガイアナ、キューバ、コスタリカ、コロンビア、スリナム、セントクリストファー・ネービス、チリ、ドミニカ共和国、ドミニカ国、トリニダード・トバゴ、ニカラグア、パナマ、バハマ、パラグアイ、バルバドス、ブラジル、ベネズエラ、ベリーズ、ペルー、ボリビア、ホンジュラス、メキシコ、アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アルバニア、アンドラ、イタリア、ウズベキスタン、イギリス、オーストリア、オランダ、カザフスタン、北マケドニア、キプロス、ギリシャ、クロアチア、コソボ、サンマリノ、ジョージア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロベニア、セルビア、タジキスタン、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、バチカン、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、モナコ、モンテネグロ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、アラブ首長国連邦、イスラエル、イラン、オマーン、カタール、クウェート、サウジアラビア、トルコ、バーレーン、ヨルダン、カボベルデ、セーシェル、チュニジア、ボツワナ、モザンビーク、モーリシャス、モロッコ、ルワンダ

ただし、拒否をしていなくても観光ビザなどを発給しないなど、発給制限は継続される。そのため、留学生やビジネス関係者などを除き、特段の事情がない限りは外国人の入国が難しい状況は続く見通しだ。

なお、現在も対象となっている国は、外務省の公式ウェブサイトから確認できる。

関連記事

6月末まで延長に、東京都が無症状の人への無料PCR検査を提供

ディズニーがコロナ禍で変わった6のこと

サントリーウイスキー、2022年4月入荷分から28%値上げ

日本への入国時手続きを簡素化、「ファストトラック」が実施中

バリ島、日本からの観光客など隔離なしで入国可能に

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告