Tesla
Photograph: Courtesy Unsplash/Vlad Tchompalov

テスラがロサンゼルスにダイナー併設の充電ステーションを建設か

充電を待ちながら食事や映画鑑賞が可能

Michael Juliano
テキスト:
Michael Juliano
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

かかる時間はどんどん短くなっているとはいえ、電気自動車のバッテリーの充電は、ガソリンスタンドに立ち寄るほど簡単ではない。だから、時間をつぶすためにスマートフォンををスクロールしたり、グローサリーまで歩いて食べ物を買いに行ったりしなければならない。 しかし今テスラが計画していること実現したら、食事をしながら、もしくは映画を見たりしながら、充電が終わるのを待てるようになるかもしれない。

テスラは、ハリウッドに24時間営業のレストランと充電ステーションを建設する計画をロサンゼルス市に提出した。同計画によると、この施設にはルーフトップ席と、ドライブインシアターのための2つのスクリーンが2つ含まれるようだ。

これまでElectrekがレポートし、MarcoRPがツイートしたように、この施設はウェストハリウッドの端近くのノースオレンジドライブとサンタモニカブルバードの交差点、ちょうどLAXARTギャラリーの向かい側を建設候補地としている。

Tesla diner and drive-in exterior plans
Courtesy Tesla/Stantec/City of L.A.

イーロン・マスクは2018年初頭、ノスタルジックなドライブインを作る計画を初めてTwitterで予告した。ドライブイン建設はサンタモニカで行われる予定で、すぐに計画書も提出されていたが、フェードアウト。その後復活した今プロジェクトで、申請書にも書かれている通り「ジェントリフィケーションの段階にあると思われる」、さらに東のロサンゼルス中心部地域に移動したというわけだ。

我々はこの件に関してテスラにコメントを求めたが、返事は得られていない。

原文はこちら

関連記事

ニューヨークにテスラタクシーが登場、マンハッタンに50台導入

世界初となる4人乗り空飛ぶタクシーのプロトタイプが公開

ニューヨーク市、2035年までに全てのスクールバスを電気化

東京オリンピック、5つの技術とデザインのイノベーション

ドバイ、ドライバー不要の自動運転車導入へ前進

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告