Photo: ©Studio Ghibli
Photo: ©Studio Ghibli

ジブリパークの入場料はいくら? 8月から先行予約が開始

チケットの入手方法と料金を紹介

Youka Nagase
テキスト:
Youka Nagase
広告

スタジオジブリの代表的な作品を再現した世界初のジブリパークが、いよいよ2022年11月にオープンする。名古屋の愛知万博記念公園内に建設されるこのテーマパークは、まだ建設中だが、一部公開されており、公園の入り口の新しいエレベータータワーに乗ることができる。

このほど、入場チケットの料金が発表された。万博記念公園は入園料そのものは無料だが、ジブリパークでは各エリアごとに入園料を徴収する。以下がその料金だ。

ジブリの大倉庫

平日2,000円(子ども1,000円)、土・日曜・祝日2,500円(子ども1,250円)

青春の丘、どんどこの森

1,000円(子ども500円)

予約は8月からスタートする。アトラクションごとにチケットがあり、販売サイトから事前購入する。つまり、全てのアトラクションを回るには、最低でも4,000円が必要だ。

グランドオープン後、開園時間は平日10〜17時、土、日曜、祝日が9〜17時を予定している。詳細はジブリパークの公式ウェブサイトから確認してほしい。

関連記事

草間彌生のカボチャが見られる4の場所

コジコジ万博でしかできない5のこと

山梨の中村キース・ヘリング美術館、5月14日から15周年記念展を開催

直島に全室露天風呂付きのアートな本格旅館が誕生

2022年、見逃せない芸術祭5選

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告