はしり 下北沢
Photo: Keisuke Tanigawa

ミシュランクオリティーの寿司をカジュアルに、「はしり」が下北沢リロードに新店

サンフランシスコで3年連続一つ星の寿司懐石「Hashiri」がモダンなバー形式で

テキスト:
Aya Hasegawa
広告

2022年6月30日、サンフランシスコで3年連続ミシュランを獲得した寿司懐石レストラン「Hashiri」が、下北沢「リロードに「はしり 下北沢」をオープンした。よりカジュアルに寿司とワインが楽しめる新業態となる。

はしり 下北沢
Photo: Keisuke Tanigawa

2013年に代官山で開業した会員制の寿司処「はしり」は、「日本の食文化を世界に広めたい」という思いから2016年にサンフランシスコに「Hashiri San Francisco」を出店。サンフランシスコのベイエリアで最も高級な寿司のコース料理を提供するレストランとして、瞬く間に知られるようになり、3年連続でミシュラン一つ星を獲得した。

はしり 下北
Photo: Keisuke Tanigawa

「はしり 下北沢」では、サンフランシスコ店の寿司とワインをカジュアルなスタイルで楽しめる。開業に合わせ、寿司職人の銘刈徳則(めかる・とくのり)とソムリエの茂野匡晃(しげの・まさあき)が帰国。サンフランシスコのコンセプトはそのままに、下北沢の街の雰囲気に合わせたカジュアルな空間で、「四季を表現するシェフのお任せコース」(1万1,000円、以下全て税込み)を提供する。

はしり 下北沢
Photo: Keisuke Tanigawa

店舗の3分の1を占めるスケルトンのウォークインワインセラーには、常時300〜400本のワインを用意。ブルゴーニュや日本、ニューワールドなど、クラシックなものからナチュラルワインまで多岐にわたる。アルコールの品揃えはワインが中心だが、「日本酒は自然にこだわっている酒蔵のものを中心に取り揃えています」(茂野)と、焼酎や日本酒のラインアップにも力が入っている。

グラスとボトルでのオーダーもできるが、同店が推奨するのはソムリエの茂野によるワインのペアリングだ。120種類のワインから厳選したペアリングは、泡1種、白2種、赤1種、日本酒1種で4,000円は、破格ではないだろうか。

はしり 下北沢
Photo: Keisuke Tanigawa

リロードの通りに面した、一見すると寿司店と分からない外観にもこだわった。通りかかった人が「何の店ですか?」と声をかけてくることもあるという。寿司屋にしては珍しく、窓を広くとっているのも特徴的だ。10席のカウンター席の天板にはワインが映える大理石を使用。「ぜひ若い方にもカジュアルに、寿司とワインのペアリングを楽しんでいただきたい」(茂野)と、グレイッシュトーンの素材を基調とした、モダンなバーやレストランのような内装デザインを採用した。

はしり 下北沢
Photo: Keisuke Tanigawa

店名の「はしり」は、旬の初物が楽しめる時期を示す言葉。その名の通り、季節感を大切にしているという。例えば、今夏のコースは、全てのアイテムに酢を使った季節の前菜盛り合わせ(「能登のもずく酢」「沖縄・久米島の海ぶどうと土佐酢のジュレ」「和歌山のシラス」「淡路の鱧の南蛮漬け」「岸和田の鰯の炙り棒寿司」)からスタートする。

はしり 下北沢
Photo: Keisuke Tanigawa

北海道厚岸産のウニを惜しげもなく酢飯と混ぜ、いくらを盛り付けた「うに混ぜイクラ丼」は目でも楽しめる料理だ。ウニは酢飯に混ぜ込むことで、よりコクが出るという。大とろ、中とろ、赤身、漬けの味比べができる「本鮪尽くし」にも心が躍る。これに、クラシックな作り手の「少し熟成されだしっぽさが出てきた」(茂野)というピノ・ノワールを合わせるという。

今後、ワインとアラカルトメニューが楽しめる角打ちも開始を予定している。バーのようなモダンな空間で、厳選されたワインを、ミシュランクオリティーの料理と共に楽しもう。

関連記事

はしり 下北沢

創業35年の有名ベジカフェが東京進出、代々木公園に「アリサンパーク」オープン

第一線のプレーヤーが教えるDJ・VJの体験講座が下北沢SPREADで開催

月島にカフェと介護施設を併設した新たな寺、築地本願寺 佃島分院が誕生

プロントが「ストレンジャー・シングス」とのコラボカフェを渋谷にオープン

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告