Guinness
Image: Guinness

ギネスがロンドンにマイクロブルワリーの出店計画を発表

限定ビールも登場、2023年秋に完成予定

Chiara Wilkinson
テキスト:
Chiara Wilkinson
広告

ギネスは、7,300万ポンド(約113億2,485万円)を投じ、2023年にロンドンのコヴェント・ガーデンにマイクロブルワリー、Guinness at Old Brewer’s Yardをオープンすることを発表した。

ブルーワリーには、イベントスペース、屋根付きの中庭、ギネスショップ、レストラン(まき火のキッチンとガラスに囲まれたルーフトップが売り)が併設。ほかでは飲めない新しいビールの試飲や、ギネスを知り尽くしたスタッフとのブルーワリー見学なども楽しめるという。

さらに、オープン時の完全なバリアフリー実現、2030年までのカーボンニュートラル化、スキルプログラムを通じた毎年100人規模でのバーテンダー育成(ビール党が減らないことを願う)などといった取り組みも行う。

オープンは、計画許可取得と協議期間を経た2023年秋となる見込み。飲まれるビールの10杯に1杯はギネスという、ロンドンにぴったりの新施設の誕生が楽しみだ。

原文はこちら

関連記事

イギリス版ディズニーランド? ロンドン近郊に大規模リゾート建設

ロンドンの古いトラムトンネルが一般公開

ロンドン市長、通り名や像などを多様化するため基金を設立

ビクトリア&アルバート博物館が東ロンドンに2つの新展示施設を建設

日暮里の住宅街にクラフトビール醸造所が誕生

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告