「五反田計画(仮称)」
外観イメージ(イラスト提供:日本郵政不動産株式会社)

五反田の旧ゆうぽうと跡地が2023年12月に大規模複合施設へ

商業施設備える地上20階建て、ホテルは星野リゾートが運営

テキスト:
Genya Aoki
広告

日本郵政不動産は、五反田の大崎広小路駅前にある旧ゆうぽうと跡地を大規模複合施設にする「五反田計画(仮称)」の新築工事に着手したことを発表した。

同プロジェクトは高さ約97メートル、地下3階〜地上20階建ての大規模開発。基準階約3305平方センチメートルのオフィスを中心にホテル、商業施設、シェアオフィス、ホールなどの機能を備える。「TOKYO, NEXT CREATION」をコンセプトに、多様な出合いと交流、新しい価値創造を促す次世代の街の拠点を目指す。

「五反田計画(仮称)」
メインエントランス(五反田の森)イメージ
「五反田計画(仮称)」
位置図

地上1~3階は新たなコミュニティ形成につながるサードプレイスと位置付け、フードホール、シェアオフィス ホール&カンファレンスを完備する。3〜12階がオフィス、14〜20階はホテルとなる予定。ホテル部分は星野リゾートが運営し、日本郵政不動産と共同してホテルと街とをつなげる運営企画を計画している。9000平方メートルのホテル敷地内にレストランとオープンテラスを配し、宿泊者以外も楽しめるようだ。

「五反田計画(仮称)」
フードホールイメージ

1階のフードホールは、健康に配慮した多種多彩な食を用意。テイクアウトなど地域のニーズを取り込み、新しいライフスタイルを提供する。2階のシェアオフィスは、スタートアップやコワーカーの集積などといったエリアニーズに応えたスペースになる。また、働き方の多様化を促進し、館内およびエリア関係者との多様な交流プログラムを盛り込み、五反田のイノベーションの中心を目指す。

「五反田計画(仮称)」
シェアオフィスイメージ

3階は約400席のホールと、約80席のカンファレンスルームになる。品川区が運営し、ビジネスから興行まで幅広く、地域の人々に親しまれるような五反田の文化、情報の発信拠点になる予定だ。 

地球環境への配慮として、旧ゆうぽうとの既存空間および構造体を活用し、「価値あるもの造り、大切に長く使う」ストック型社会の実現とともに、建物解体に伴う廃棄物削減、周辺環境への配慮、二酸化炭素(CO2)排出の抑制などに努め、SDGs達成に貢献していく。また、特殊金属膜をコーティングした地球にやさしい低放射の「Low-Eガラス」の使用や、再生水の洗浄水利用や太陽光発電設備の設置を通して、環境負荷の軽減にも取り組む。

「五反田計画(仮称)」
フロントテラス(中原街道沿い)

ほかにも、建物の四方を取り囲むように多種多様な樹種を構成し「五反田の森」を整備。四季折々の表情やこもれびのある外部空間で、地域の憩いの場を創出していく。

施工は大林組が担当し、2023年12月の完成を目指している。五反田の新たなランドマークを心待ちにしよう。

日本郵政不動産の詳細情報はこちら

関連記事

個性的な直営店が集まる下北線路街、リロードでしかできない6のこと

表参道にロンドン発の老舗イタリアン、リナストアズが初上陸

循環をテーマにした複合施設、えらぼが台東区鳥越に9月オープン

2021年、東京にオープンする商業施設

誠品生活日本橋で台湾の魅力を体験する5のこと

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告