Ghibli Park Elevator Tower
Photo: Studio Ghibli/Twitter

ラピュタの世界観、ジブリパークのエレベーター塔改修工事が完了

11月まで待てない? すでに乗ることも可能

Kaila Imada
テキスト:
Kaila Imada
広告

ジブリパークの正式オープンは2022年11月とまだ先だが、スタジオジブリは公式Twitterから近況を伝えている。今回公開されたのは、愛知万博記念公園内のエントランスに設置されるエレベータータワーの写真だ。

ジブリパークの玄関口となる「青春の丘」エリアに位置する高さ28メートルのこのエレベーター塔は、元々愛知万博公園にあったものだ。改修に当たりスタジオジブリが監修に参加し、『天空の城ラピュタの世界のモデルとなった「19世紀末の空想科学世界」をもとにデザインされた。

エレベーターのボタンや階数を示すサインなど、詳細も公開している。

ライトアップされた写真も。しかし、グランドオープンまで完全にライトアップされることはないそうだ。

このエレベーター塔は、パーク入場者だけでなく公園全体のバリアフリー動線でもあため、塔の見学はすでにできる。近郊の人は足を運んでみてはいかがだろう。

ジブリパークの公式ウェブサイトはこちら

関連記事

「千と千尋」再現の新展示も、スタジオジブリ展が3年振りに開催

総工費400億のバブル期建築、アーティストインレジデンスを募集中

サントリーウイスキー、2022年4月入荷分から28%値上げ

国内初「ネイキッド フラワーズ」常設展が有楽町マルイにオープン

歌舞伎町ホストが握る江戸前寿司が食べ放題のオープンデーを開催

 東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告