Blunos Bangkok
Blunos Bangkok

イギリス料理界の名シェフ、バンコクにピンク色のカフェをオープン

ヘルシーでフォトジェニックなメニューが魅力

作成者: Arpiwach Supateerawanitt
広告

テレビ番組で、クールなセイウチひげを持つ、陽気なセレブシェフを見かけたことがあるだろうか。彼の名前は、マーティン・ブリュノス。かつてイギリスのブリストルとバースにあったミシュラン二つ星のレストラン、Lettonieを経営していた、イギリス料理界のレジェンドシェフだ。 

Blunos Bangkok
Blunos Bangkok

ブリュノスは人気だった店を閉めた後、テレビの世界へ進出し、イギリスやオーストラリア版の『料理の鉄人』といった料理番組で活躍。2017年からはバンコクのホテル、Eastin Grand Sathorn Bangkokにオープンした自身の名を冠したレストランで、「気取ってない、心のこもったクラシカルなコンフォートフード」を提供するべく、料理の腕をふるってきた。

2021年2月8日、そんな彼の料理の才能の幅広さをさらに体験できる新しいカフェ、in the pink @Blunosがバンコクにオープンした。場所はEastin Grand Sathorn Bangkok14階の屋外エリアだ。  

ブリュノスのオフビートなノリが感じられるこのカフェのメニューに並ぶのは、エッグ&フライ(アンズとヨーグルトで再現した「卵」に、グリーングアバのフレンチフライ、イチゴとラズベリーのケチャップを添えたもの)、ロージーローズ(ローゼルと金箔(きんぱく)を使ったゼリー、ココナッツとバニラビーンズのミルク、透明化したローゼルのつぼみで作った「タピオカミルクティー」風ドリンク)など。

この投稿をInstagramで見る

Blunos Bangkok(@blunosbangkok)がシェアした投稿

店のキーカラーはもちろんトロピカルピンクだ。「ピンク色」に囲まれながら、涼しげな風を浴び、健康志向かつフォトジェニックなメニューを楽しむことができる。

原文はこちら

関連記事

バンコクのローカル食堂、「アジアのベストレストラン」が功績を表彰

ロックダウンが追い風に、タイのLINE TVでBLドラマが人気

バンコクのモダンインド料理店Gaa、カジュアルな新店をオープン

池袋、エスニックの名店7選

トップシェフの巣ごもりレシピ#1 ポテトチップスとドライオニオンのオムレツ

最新ニュース

    広告