ニュース / フード&ドリンク

3分でわかるミシュランガイド2016

 

ミシュランガイドの最新版、「ミシュランガイド東京2016」が12月4日に発売される。

今回の目玉は、世界で初めてラーメン店が一つ星を獲得したこと。栄えある第一号店となったのは巣鴨の「Japanese Soba Noodle 蔦」で、昨年のビブグルマン賞からの昇格だ。今や東京グルメの代表格とも呼べるラーメンは、昨年からミシュランガイドに登場し、今年は計28店が掲載されている。

今年はさらに、5,000円以下で上質な料理を提供する店に与えられる「ビブグルマン」が大幅に対象を拡大し、計343店になった。昨年まではフランス料理、イタリア料理、和食に限られていたが、今年から全35種に改訂。中でも「共栄堂」や「トマト」といったカレー店や、「按田餃子」、「豚八戒」、「ニイハオ」といった餃子店など、馴染みの面々が加わったのは嬉しい。

総じて2016年度版の掲載店は、三つ星13店、二つ星51店、一つ星153店、宿泊施設39軒となった。新たに三つ星を獲得したのは、昨年二つ星だった神楽坂の「虎白」。そのほか、フレンチの名店「ベージュ・アランデュカス」、「ドミニク・ブシェ」や高級中華料理店「桃の木」が一つ星から二つ星に昇格、15軒が新たに一つ星を獲得した。ハイエンドからB級まで、幅広い食を楽しめるグルメシティとしての東京の魅力は拡大中だ。

 

『ミシュランガイド東京2016』の三つ星レストランは以下の通り。

日本料理「石かわ

日本料理「えさき

日本料理「かんだ

日本料理「虎白

日本料理「まき村

日本料理「幸村

日本料理「龍吟

ふぐ料理「山田屋

鮨「さいとう

鮨「すきやばし次郎本店

鮨「よしたけ

フランス料理「カンテサンス

フランス料理「ジョエル・ロブション

 

 

Advertising
Advertising