ニュース / スタイル&ショッピング

海の見える倉庫街でショッピング、横浜に新施設がオープン

MARINE & WALK YOKOHAMA

撮影:hoshi-ken

休日に海を眺めながらショッピングやランチを楽しみたくなったら、横浜赤レンガ倉庫の隣に今月オープンしたMARINE & WALK YOKOHAMA(マリンアンドウォークヨコハマ)に行ってみてほしい。海沿いの倉庫街に街路をつくるという発想から生まれたオープンモールで、日本初上陸のレストランや、注目のショップ(全27店舗)を巡りながら素敵な時間を過ごせる。ここでは、タイムアウト編集部が注目した店を紹介する。

  

 

『DENHAM』では、ジーンズの手洗いサービスを行っている

まずは、1階部分に集中するアパレルショップから紹介しよう。アムステルダム発の『DENHAM』は、世界各国の技術を取り入れた職人技にこだわるデニムブランド。横浜店では、日本の職人技を使った日本製のラインを揃える。また、購入したジーンズを手洗いしてくれるサービスも店頭で行っている。手洗いすることで鮮やかな色合いを保てるそうで、1年に1度行うのが目安という。

Fred Segalのフードコート 

 そして、昨年LOG ROAD DAIKANYAMAに初上陸した、ライフスタイルセレクトショップ『Fred Segal』。横浜店は4フロアで展開し、ファッションや飲食、メンズおよびウィメンズのアパレル、生活雑貨、オーガニックコスメティックなどを揃える。雑貨フロアには、『Fred Segal』初のフードコートが併設されている。ポートランド発の人気ドーナツ店CAMDEN’S BLUE ★ DONUTS、京都のアイスクリーム専門店HANDELS VÄGENなどが出店しており賑わっていた。

そのほかには、2015年に満を持して日本に上陸したH&Mグループのハイファッションブランド『COS』の2号店、デザイナー滝沢伸介がスタートしたメンズブランド『NEIGHBORHOOD』、マリンスポーツウェアで有名な『HELLY HANSEN』などが入居している。

 

施設2階に位置するレストランでは、シーフード料理中心の店が揃い、海を眺めながら食事を味わえる。国際パエリアコンクールで優勝したパコ・ロドリゲスがプロデュースする、ミゲルファニでは、伝統的なバレンシアのウサギとトリ肉を使用した『バレンシア風パエリア』、米の代わりにショートパスタを使ったカタルーニャ地方の名物フィデウアなどが手頃な価格でワインとともに楽しめる。

そして、パイ好きに勧めたいのが、20種類の焼きたてパイの食べ放題ができるPie Holick。パイが食べ放題になるランチタイムメニューは、サラダ、スープ、メインが選べ1,850円から提供されている。シンプルな野菜の味をいかした『グリーンピザパイ』、イギリス料理として定番のマッシュポテトと羊肉が入った『シェパーズパイ』、デザート系のパイでは『アップルパイ』や『ヌテラ バナナパイ』など、豊富なパイが好きなだけ味わえる。

そのほかにも、紫のマラサダ『ポイ・グレーズド』が大人気のKAKA’AKO DINING&CAFE、「シーフード」をキーワードにアレンジした各国の料理をタパススタイルで味わえるシロノシー。窯焼きピッツァが楽しめるサンフランシスコ発の人気レストランA16などが出店している。

 横浜みなとみらい地区の注目のモールでのんびりとした休日を過ごしてみてはいかがだろう。

MARINE & WALK YOKOHAMAの詳しい情報はこちら

関連記事
2016年、東京にオープンする商業施設

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Advertising
Advertising

コメント

0 comments