2 Love It
保存する

2016年、東京にオープンする商業施設

銀座、新宿、六本木などに開業する、注目の施設を紹介

タイムアウト東京 > Things To Do > 2016年、東京にオープンする商業施設

2016年は、3月に商業施設のオープンやリニューアルラッシュがやってくる。銀座では、『銀座5丁目プロジェクト』が進み、中心地に、東急プラザ銀座、銀座プレイスがオープン。また、表参道ヒルズ、サンシャイン60などの商業施設も全面リニューアルが行われる。東京オリンピックまであと4年、多様な変化を遂げる東京の街を見守ろう。

東急プラザ銀座

※2016年3月31日オープン
地下5階から地上11階建て、エリア最大級の商業施設が銀座にオープン。「Creative Japan~世界は、ここから、おもしろくなる。~」をコンセプトに、建物の外観は伝統工芸品「江戸切り子」をモチーフにするなど伝統と革新を意識した施設作りをしている。生活を楽しむ余裕がある大人をターゲットに、新業態や日本初上陸、ロッテによる都内最大の免税店を含む125店舗が出店。また、東京メトロ『銀座』駅とコンコースの直結、約170台の駐車場を完備する。銀座エリアの風景がまたひとつ変わるだろう。

詳細情報
銀座

MARINE&WALK YOKOHAMA

※2016年3月オープン
横浜赤レンガ倉庫に隣接する横浜みなとみらい21新港地区に大規模な商業施設がオープン。海沿いの倉庫街に街路をつくるという発想から生まれたオープンモールとなり、海を眺められるレストランなどそこにいるだけで素敵な時間を過ごせる要素が詰まっている。アメリカ西海岸を代表するライフスタイル複合セレクトショップFred Segalの日本旗艦店、アムステルダム発のデニムブランド『DENHAM』、窯焼きピッツァが楽しめるサンフランシスコ発の人気レストランA16などが出店する。

詳細情報
みなとみらい

ニュウマン

※2016年3月25日オープン
JR新宿駅新南口に大型商業施設が開業。「新しい時代を生きる、すべての新しい女性」に向けて「NEWoMan」と名付けられた同施設は、境界線のない街のように、新宿駅や周辺地域と一体となった空間が特徴だ。ファッションや飲食はもちろん、文化交流施設としてのイベントホール、クリニックや保育園、人々が憩える屋外広場や屋上菜園などを備え、巨大なターミナルとして機能する新宿駅前を大きく変える存在となりそうだ。なお、開業は2期に分かれ、一部エリアは4月15日(金)のオープンを予定している。

詳細情報
新宿

トライセブン ロッポンギ

※2016年春オープン
六本木駅から徒歩3分の場所に創造力を刺激するオフィス空間、トライセブン ロッポンギ (TRI-SEVEN ROPPINGI)がオープン。建物は、14階建て、高さ80mになり、外装コンセプトデザインは、Apple Store表参道を手がけたことでも知られる、光井純&アソシエーツ建築設計事務所によるもの。緑と光溢れる同施設には、ブルーボトルコーヒー、バーニーズ ニューヨークなどが出店する。

詳細情報
六本木

アトレ恵比寿西館

※2016年春オープン JR恵比寿駅と直結した、地下1階、地上8階の9フロアからなるアトレ恵比寿西館がオープン。「La Patio(中庭)わたしと街とをつなぐ場所」をコンセプトに、生活が楽しく、豊かになる場所を目指す。ザ・ガーデン自由が丘西武、成城石井と、2つのスーパーマーケットが入居する。そのほかにも、2フロアからなる無印良品の大型店、飲食には、シェイクシャックの2号店、猿田彦珈琲、鼎泰豊などが出店。また、今回のオープンにともないアトレ恵比寿本館も大規模なリニューアルが実施される。

詳細情報
恵比寿

銀座プレイス

※2016年夏オープン予定
銀座の中心地である、銀座四丁目交差点近くにオープンする商業施設。この一角では、最も高い建物となる。クライン・ダイサム・アーキテクツの手がけた存在感のある外観デザインは、「透かし彫り」をモチーフに伝統工芸の美しさを表現している。同施設は世界に向けた多様な発信を行い、体験と交流の拠点を目指す。

詳細情報
銀座

東京ガーデンテラス紀尾井町

※2016年夏オープン予定
グランドプリンスホテル赤坂跡地に、「みどりと歴史に抱かれた国際色豊かな複合市街地」をコンセプトに東京ガーデンテラス紀尾井町がオープン。東京都の指定有形文化財である旧李王家東京邸(旧グランドプリンスホテル赤坂旧館)を保存し、オフィス、ホテル、商業施設と賃貸住宅の2棟からなる新しい複合市街地だ。

詳細情報
紀尾井町

京橋エドグラン

※2016年秋オープン 京橋エリアに複合施設「KYOBASHI EDOGRAND」がオープンする。保存、再生した歴史的建築物棟「明治屋京橋ビル」と、低層店舗エリアおよび、超高層免震オフィスから構成される。高さ約31mの吹き抜けのある開放的な「ガレリア空間」など多様なオープンスペースには、共用の屋外家具が設置される。 パティスリー「ToshiYoroizuka」の旗艦店の出店も見逃せない。東京メトロ京橋駅直結、また東京駅からも近く、エリアの新しいランドマークになりそうだ。

詳細情報
京橋

リニューアル

表参道ヒルズ

※2016年3月18日リニューアルオープン
同潤会青山アパートの再開発プロジェクトとして2006年に開業した、表参道沿いに建つ文化商業施設。2016年のリニューアルにともない41店舗が新たにオープン。『エムエム 6 メゾン マルジェラ(MM6 Maison Margiela)』、『カラー ビーコン(kolor BEACON)』の旗艦店や、六本木の人気ステーキハウス、サーティーセブン ローストビーフ、パリの革新的パティスリー&ショコラトリー、ユーゴ・エ・ヴィクトールなど多彩なジャンルの人気レストランが新業態を携えて集結する。

詳細情報
表参道

サンシャイン60

※2016年春リニューアルオープン予定
池袋のランドマーク、サンシャイン60がリニューアル。リニューアルされるのは、展望台、噴水広場、ショッピングセンター。60階建ての高層ビルの最上階にある展望台は、「東京を、空からおもしろく」をテーマにこれまでの展望台の概念を変えていく。また、階下のショッピングセンター、アルパは少し大人な女性をターゲットに変え、2016年秋にグランドオープンする。

詳細情報
池袋

アトレ恵比寿

※2016年春リニューアルオープン予定
恵比寿駅にあるショッピングセンターの駅ビル。カフェ、ファッション雑貨、化粧品、本屋、食品など、生活に必要なものが揃う。屋上には、開放的な大型庭園の『ebisu green garden』が広がる。恵比寿に訪れた際は、立ち寄りたいヴェニューだ。

詳細情報
恵比寿

その他

スヌーピーミュージアム

※2016年4月オープン予定
カリフォルニアにあるシュルツ美術館の世界初のサテライトとなるスヌーピーミュージアムが六本木にオープン。同ミュージアムでは、スヌーピーたちが活躍するコミック『ピーナッツ』の原画をはじめ、作者のチャールズ・M・シュルツの初期の作品、貴重なヴィンテージグッズ、資料などを6ヶ月ごとに入れ替えて紹介する。なお、同ミュージアムは、2018年9月までの期間限定での開館を予定している。

詳細情報
六本木

東京ディズニーセレブレーションホテル ウィッシュ

※2016年6月1日オープン
新浦安エリアにディズニーホテルがオープンする。「夢」、「ファンタジー」をテーマに、ディズニー作品の世界観をモチーフにした家具などが配置される。同ホテル、ウィッシュと異なるコンセプトを持つディスカバーも浦安市内に2016年秋オープン予定。

詳細情報
千葉

コメント

0 comments