ニュース / スタイル&ショッピング

新宿駅の新スポット、ニュウマンでグルメとショッピングを楽しむ

ニュウマン

注目の商業施設が数多くオープンする2016年。新宿にも商業施設ニュウマン(NEWoMan)が、3月25日(金)にオープンする。ファッションや飲食はもちろん、日本最大のバスターミナル「バスタ新宿」から、クリニック、人々が憩える屋外広場や屋上菜園なども備える。

開業は2期に分かれ、一部エリアは4月15日(金)のオープンを予定している。日本初上陸や新業態で注目のレストランが数多く入居する同施設。ここでは、グルメを中心にニュウマンを紹介しよう。 

1階の路面スペースには、東京で3号店となるブルーボトルコーヒーが入居する。カタネベーカリーのバゲットを使用した新宿店限定のサンドイッチや、オリジナルのタンブラーが揃う。ビル内と言っても広々とした空間なので、ショッピングで疲れた足を休めるのにも最適だろう。

そして、「世界一星を持つシェフ」として有名なジョエル・ロブション監修によるパン屋ル パン ドゥ ジョエル・ロブションは、同じく1階にオープン。カフェスペースでは焼きたてのパンが味わえ、夜になるとワインやシャンパンの提供も行うので仕事終わりの1杯に立ち寄りたい。

SALON BAKE&TEAでは、紅茶とセットでデザートを時間内で好きなだけ味わえるメニューも提供

3階にあるアパレルブランド『アダムエロペ』が展開するアパレルショップに併設されたティーサロンSALON BAKE&TEAでは、フランスのティーメゾン『テオドー(THE O DOR)』のハーブティーやブレンドティーを南部鉄器で楽しめる。甘い香りが漂うウーロン茶『ミルキーウーロン』は勧めたい1杯。

レストランでは、鎌倉に本店を構えるGARDEN HOUSEも訪れてほしい店の1つだ。ご当地ビールや鎌倉の食材を使用し、クラフトビールの飲み比べや、季節の食材を使用した野菜中心の食事が楽しめる。また、レストラン内で使用されているキッチン雑貨を購入できるスペースも併設している。

第2期でのオープンになるのだが、日本発上陸のニューヨークに本店を構えるローズマリーズトーキョーには注目したい。素朴な料理と近郊生産者とのリレーションなどで高い評価を得ている同店。日本でも食材にこだわり、デリやパスタ、肉、魚介メニューを揃える。

そのほかにも、800ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア、ジャニス ウォン、ワーフなどオープンしたら行列必須の店が入居する。

 

また、新宿エリアにこれまでなかったショップが多数ラインナップすることも忘れてはいけない。商業施設初出店のスキンケアブランド『Aesop』、『ACNE』、『MUVEIL』などを扱うセレクトショップSUPER TML MARKET、VIA BUS STOPのシューズを中心に展開するPENDULE VIA BUS STOP、「栃木レザー」を使用した日本の職人技が光る財布やバックを取り扱う『SLOW』などが入居する。

新宿エリアのグルメとショッピングを変える、今後も進化していくニュウマンに注目だ。

ニュウマンの詳しい情報はこちら

関連記事
2016年、東京にオープンする商業施設

 

 

 

 

 

 

Advertising
Advertising

コメント

0 comments