ニュース / トラベル

北斗星のホステルが誕生、寝台列車で眠る夜

北斗星のホステルが誕生、寝台列車で眠る夜

北海道新幹線の開業とともに昨年運転を終了した、上野と札幌を結んできた寝台特急「北斗星」。このニュースを悔やしい思いで聞いた鉄道ファンも多いだろう。しかし、そんな北斗星がホステルというかたちで2016年12月15日(木)に復活する。

エントランス

 

馬喰町駅の4番出口を出てすぐ隣にあるビルが、寝台特急「北斗星」の車内設備を再利用したホステル「Train Hostel 北斗星」だ。開発は東日本ジェイアール都市開発が手がけ、運営はIRORI HOSTEL and KITCHENなどを手がけるR.projectが担当している。東日本ジェイアールから話をもらったR.projectは、解体されてしまう北斗星を利用してホテルを作ってみてはと提案し、廃車寸前にプロジェクトは実現したそうだ。

ドミトリー B寝台で使われていた2段ベッド

個室、A寝台で使われていたベッド、テーブル、ライトなどが設置してある

ホステル内は、北斗星の2段ベッドや、個室寝台の実車パーツを内装に再利用し、列車を細部まで再現した空間になっている。一方、ベット部分の幅を広げ、フックを付けるなど宿泊する人が快適に過ごせる工夫も施されている。

客室は2階から5階で、男女混合ドミトリーや女性専用、個室に分かれ、2階には食堂車の備品を活用した共有キッチン、飲食スペースが。料金は1泊2,500円からとリーズナブルに宿泊できるのも嬉しい。

すでに、鉄道ファンからの予約も多く、今後ホステルでは、北斗星にまつわる展示をしたり、訪れる客とともに北斗星での懐かしい旅の思い出を語らい、保存していく温かい場にしていくことを目指す。

Train Hostel 北斗星の詳しい情報はこちら

関連記事
12月にオープンする注目ヴェニュー5選
問屋街にホステルがオープン、IRORIを囲んで語らう夜

 

 

 

 

 

 

Advertising
Advertising

コメント

0 comments