ニュース / 映画

ジェームズ・ボンドとルームシェアしたくない25の理由

 

掲載日 2012年11月19日(月)

 

ジェームズ・ボンドは、疑いもなく、スクリーンで最もクールな男のひとりだ。殺しのライセンスを持った愛想がいいこの色男と一緒にいたくない奴なんているのだろうか。

妙な話だが、我々はボンドが友人たちとリラックスする様子は観ることはない。美しい女性とのひと時をベネチアで楽しんでいるかもしれないし、モナコでポーカーをして遊んでいるかもしれない。しかし、ビールを飲み干したり、独身男性がしそうなことをしたり、ホームパーティーを開いたりはしない。いや、多分だ、それは、もしかしたら、“007の友達”になるのは、悪夢だからかもしれない。彼と一緒に住むなんて、もっとひどいだろう。ジェームズ・ボンドが、あなたと部屋をシェアする相手ではなく、シークレットエージェントのままでいたほうが良い25の理由を紹介しよう

 

1.オフの時はいつもクールなわけではない 

  

2. ボンドがあなたの部屋に入ってくる時、彼はノックを忘れる。 

 

3.毎日同じジョークを繰り返す。

ボンド:今日、私が何をしたかを質問して

あなた:今日は何をしたんだい?

ボンド:言えるわけないだろ(笑)

 

4. いつまでも部屋の中でタバコを吸って「問題でも?」と、どや顔をする。

  

5. どうしてか、客人の気分を悪くする。

  

6. 誰かが自己紹介しても、ボンドは決まって「知っているよ」と言う。 

 

 

7. 何杯か呑んだ後に、お得意のセクシーな顔をそこにいる女友達の全員にする。

 

 

8. 彼は、カーテンは魔法だと思っている。彼は、カーテンのことを、“ぶら下がる窓の毛布” と呼ぶ。

 

9. ある夜、ボンドがスカート姿で歩いているのをみる。

 

10. 彼の覗き見する習性にビックリする。

 

 

一緒に車に乗るときでさえもだ。

  

 

11. 車と言えば、彼は、危険なドライバーだ。

 

 

12. ストリートバンを借りたときはひどかった。

 

 

 

 

 

 

13. 運転席に座るときは、気をもむ。

 

 

14. 保険に入っているかと質問すると、彼はこんな顔をする。

 

 

15. 街をでると、彼はいつもドアマンに敢然と立ち向かう。 

 

 

16. ジェットスキーしかなくても、海軍の司令官でいることを協調する。

 

 

 

17. 機嫌が悪いと、“秘密”の仕事をよく辞める。

 

 

 

18. 中古車セールスマンに扮した時は、やさしそうな老人顧客をもうすぐで騙すところだった。

 

 

19. 彼をコンサートに連れて行くと、拍手のとき、彼は、混乱した様子で「最後に奇妙に手を叩いていたのは何だい?」と質問してくる。 

 

 

20. 彼は、SMSを受け取ることがない。なぜなら、彼の時計は用紙切れだから。

 

 

21. 彼はカメラが自分を愛していると、確信している。 

 

 

しかし、カメラ向けの笑顔は実のところ、こんな感じだ。

 

 

22.ビーチに出かけたとき、ビーチバレーで勝てないといつもふくれる。

 

23. 国際的なスーパースパイというより、旅行会社の人みたいだ。 

 

24. 待ち合わせをしても

 

彼は遅れない。

 

何があろうと。

 

右側に立たなくても(もしくは、左側を歩かなくても)

 

25. 時々、彼は、女王を一緒に連れてくる。

 

 

もしかしたら、彼はそんなに悪くないかもしれない。

 

原文はこちら 

 

関連記事

インタビュー:ダニエル・クレイグ

映画『007 スカイフォール』レビュー 

 

Advertising
Advertising

コメント

0 comments