Goldeneye interior
Photograph: Winged Boots

ジェームズ・ボンド誕生の地はジャマイカにあり

カリブ海にある作者イアン・フレミングの元別荘、今はリゾート施設に

Sophie Dickinson
テキスト:
Sophie Dickinson
広告

ジェームズ・ボンドはジャマイカで「生まれた」。もちろん厳密には、彼はイギリスのスパイだが、作者のイアン・フレミングはカリブ海のプライベートアイランドに滞在しながら、スパイの物語を紡いだのだ。だから、もしあなたがボンドの精神的な生誕地を探しているなら、ジャマイカに行くといいだろう。

フレミングは、島の海岸線に「ゴールデンアイ」と称した別荘を建て、紙面にペンを走らせていない時は周りの海で泳いでいたという。実はこの別荘が、今はリゾート施設になっているのだ。

Goldeneye interior
Photograph: Winged Boots

このゴールデンアイを借りる上で、ボンドが感じていたようなストレスは生じない(だから、AK47は家に置いておこう)。その代わり、ゲストには広々としたベッドルームとプライベートビーチが用意され、ハウスキーピングスタッフが常駐。カクテルもすぐに飲める。

内装も素晴らしく、低めのモダンな家具、カリブの伝統的な雨戸、1900年代のエージェントが使っていたような独立型バスタブなどが印象的。またバルコニーからは海を見渡すことができる。

フレミングが存命だった時代、この場所にはキャサリン・ヘプバーン、ノエル・カワード、トルーマン・カポーティなどが宿泊。また、ジェイ・Z、グレース・ジョーンズ、ケイト・モスもここを気に入っているといわれている。次のバケーションで、カリブでのセレブの休日を味わってみるのはどうだろう。施設の詳細は公式ウェブサイトで確認できる。

原文はこちら

関連記事

ジェームズ・ボンド最新作がもっと楽しめる無料の展示

デューン砂の惑星、007など10月公開の注目映画3選

ジェームズ・ボンドが日本人だったら

世界で最もアクセントがセクシーなのはイギリス英語

都心から1時間半、湯河原に湯と本と食のリトリート施設が誕生

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告