注意! 最新情報の掲載に努めているが、通常とは営業時間などが異なる場合もあるため、外出前に必ず確認してほしい。

Photo: Wing Shya 'In the mood for love' (2000)
Photo: Wing Shya 'In the mood for love' (2000)

シルバーウィークに楽しめる展示6選

都内の展示から少し足を伸ばしていきたい芸術祭までを紹介

作成者: Ryuichiro Sato
Advertising

今年のシルバーウィークは4日間。この連休中は美術館やギャラリーで過ごしてはどうだろうか。アートを見るとき、じっくり時間をかけて理解を深められる作品もあれば、すぐに通り過ぎてしまう作品もあるだろう。見方は人それぞれだが、時間をかければ違った見方ができることもある。

今回は、そんな時間をかけて楽しみたい展示をピックアップ。2会場で65組ものアーティストの作品を展示する『ヨコハマトリエンナーレ』、会期変更になった『KYOTOGRAPHIE』、会場の雰囲気と合わせてゆっくり過ごしたい『神宮の杜芸術祝祭』などを紹介する。 

最新アートニュースを読むなら

図夢歌舞伎『弥次喜多』 12月26日より独占配信中 ©松竹
図夢歌舞伎『弥次喜多』 12月26日より独占配信中 ©松竹

緊急事態宣言下でも楽しみたい舞台映像7選

ステージ

 

2021年1月に二度目の緊急事態宣言が出されてから1カ月。以前のようには劇場に足を運べない人、劇場に行きつつさらに舞台を楽しみたい人に、今おすすめの舞台映像を紹介しよう。

※配信日時は、各国の現地時間で表記

若林朋子
Photo: Keisuke Tanigawa

「メセナ大国」日本のコロナ以降

アート

社会の在り方を大きく変容させた新型コロナウイルス感染症。連載シリーズ『ニューノーマル、新しい文化政策』では、アートプロデューサー、森隆一郎(合同会社渚と代表)のディレクションのもと、コロナ禍が文化政策に及ぼす影響を探っている。第2回は、企業が行う文化活動に長年携わってきた若林朋子に、企業メセナを中心とした民間による文化支援について聞いた。

Advertising
吉本光宏
Photo: Kisa Toyoshima

コロナ禍が問い直す文化の本質的価値

アート

アートプロデューサー、森隆一郎(合同会社渚と 代表)のディレクションの下で、「新しい文化政策」を軸に「ニューノーマル」を考える。第1回はニッセイ基礎研究所研究理事の吉本光宏が語ってくれた。

 

Doug Aitken
《ice forms VII》2008年《New Ocean:thaw 》、2001年の制作用スチル Courtesy of the artist © Doug Aitken

国内初公開、ダグ・エイケンの作品がエスパス ルイ・ヴィトンで展示中

ニュース アート

アメリカのアーティスト、ダグ・エイケン(Doug Aitken)の展示『New Ocean: thawが、表参道のエスパス ルイ・ヴィトン東京(Espace Louis Vuitton Tokyo)で開催中だ。同展示はこれまで未公開のフォンダシオン ルイ・ヴィトン(Fondation Louis Vuitton)の所蔵作品を、東京、ミュンヘン、ベネチア、北京、ソウルのエスパス ルイ・ヴィトンで展示する『Hors-les-murs(壁を越えて)』プログラムの一環であり、国際的なプロジェクトを通じて、より多くの人々に触れてもらう機会を提供することを目指しているという。

 

Advertising
藤間勘十郎(舞踊家)×反田恭平(ピアニスト)
Photo: Keisuke Tanigawa

STAGE CROSS TALK 第1回(前編)

ステージ

舞踊・演劇ライター高橋彩子が、何かしらの共通点を持つ異ジャンルの表現者を引き合わせる「STAGE CROSS TALK」シリーズがスタート。記念すべき第1弾に登場するのは、日本舞踊の流派「宗家藤間流」の宗家・藤間勘十郎と、ピアニスト・反田恭平だ。ライブ芸術にも大きな影を落とすコロナ禍にあって、いち早く動いた点でも相通ずる二人の、それぞれの思いとは? 初回拡大版として前後編でお届けする。

 

Advertising
村上隆
村上隆 《お花の親子》Haha Bangla Manus 2020年 素材:ブロンズ・金箔(きんぱく) サイズ:高さ1,000.1cm・幅647.1cm・奥行465.5cm

村上隆の10メートルの金色新作彫刻が六本木ヒルズ前に登場

ニュース アート

2020年11月26日、六本木ヒルズ前の66プラザで、現代美術アーティスト村上隆による金色に輝く新作彫刻作品『お花の親子』が公開された。高さは約10メートルという巨大さで、コロナ禍にあっても六本木ヒルズからアートの力で元気や希望を世界に届けようという思いから、設置に至ったという。

森谷真理
森谷真理

ソプラノ歌手、森谷真理がオペラにかける思い

アート

日本を代表するソプラノ歌手の一人、森谷真理。28歳でオペラの殿堂、メトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera House、以下MET)でデビューを果たし、欧米で活躍後、昨年帰国。同年11月に『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』で国歌を独唱して改めて注目された。

その彼女が、日生劇場の『ルチア~あるいはある花嫁の悲劇~』に主演する。当初上演予定だったオペラ『ランメルモールのルチア』を90分に凝縮して送る舞台だ。新たな公演を前に聞く、森谷の歌手人生と今の思いとは。

Advertising
Photo: Intermediatheque
Photo: Intermediatheque

東京、無料で入れる美術館・博物館16選

アート

無料で美術館やギャラリーが東京には一定数ある。今回セレクトするのは、質の高い国内外の作家を紹介する資生堂ギャラリーや明治期洋画の重鎮、黒田清輝の作品を展示する黒田記念館から、目黒寄生虫館やおりがみ会館といった変わり種まで16館だ。

会館時間が変更になっている場合もあるので、事前に公式ウェブサイトを確認してから訪れてほしい。

おすすめ

    関連情報

      関連情報

        Advertising