中西敏貴写真展「Kamuy」
中西敏貴写真展「Kamuy」

今週末行きたいギャラリー展示10選

ビーズ刺しゅう、叙情的で堅牢な油彩、写真とペイントの共作など

テキスト:
Sato Ryuichiro
広告

東京のアートシーンで欠かせないのはギャラリーだろう。アーティストは星の数ほどいるが、定評あるギャラリーは質の高い作品を選んで見せてくれるので、そこから美術史上意味のあるアーティストや現在のアートの潮流の一端を垣間見ることさえできる。

今回は、ビーズ刺しゅうで知られる酒井佐和子、多くの美術団体を結成してアート界をけん引した山口薫、90歳近くになってもなお精力的に活動する版画家の浜田浄などの展示を紹介する。多くが今週末で会期数量となる展示なので、興味を持った展示があれば訪れてみては。

  • アート
  • アート

『東京都コレクションでたどる〈上野〉の記録と記憶』が2022年1月6日(木)まで、東京都美術館無料開催中だ。この展示は、東京都が所蔵する美術コレクションの中から「上野」に関する約60点の作品や資料を展示するもので、「第1章 戊辰戦争と博覧会の時代」「第2章 関東大震災と復興」「第3章 戦争と上野」「第4章 昭和30年以降」の4章で構成される

 

広告
  • Things to do
  • シティライフ

世界各国の人形を所蔵する博物館である横浜人形の家で、ぬいぐるみ作品を中心に制作を続ける片岡メリヤスによる展覧会『片岡メリヤス10周年記念展「メリヤスの人形の家」』が2022年3月13日(日)まで開催されている。創作活動10周年を記念して、当館に収蔵する民族人形や民芸品、ビスクドールなど100点をモデルにしたぬいぐるみの数々が登場。ここでは、展覧会の見どころを紹介する。

  • アート
  • 公共のアート

無数の美術館やギャラリーが存在し、常に多様な展覧会が開かれている東京。海外の芸術愛好家にとってもアジアトップクラスの目的地だ。しかし、貴重な展示会や美術館は料金がかさんでしまうのも事実。そんなときは、東京の街を散策してみよう。著名な芸術家による傑作が、野外の至る所で鑑賞できる。特におすすめのスポットを紹介していく。

広告
おすすめ
    関連情報
      広告