新文芸坐

  • 映画館
  • 池袋
  1. 新文芸坐
    Photo: Keisuke Tanigawa
  2. 新文芸坐
    Photo: Keisuke Tanigawa
  3. 新文芸坐
    Photo: Keisuke Tanigawa
  4. 新文芸坐
    宮崎祐治が手がけた「ぶんげいくん」イラスト(Photo: Keisuke Tanigawa)
  5. 新文芸坐
    和田誠が手がけた映画作品にまつわるイラストがロビーに展示されている(Photo: Keisuke Tanigawa)
  6. 新文芸坐
    Photo: Keisuke Tanigawa
広告

タイムアウトレビュー

※2022年4月15日リニューアルオープン

池袋駅東口にある、比較的規模が大きい名画座。日本映画からハリウッド映画まで幅広いジャンルの作品を上映しており、通常は2本立て上映が行われているが、毎週土曜にはオールナイト上映も行っている。

リニューアルで館内の音響や映写設備を一新。4Kレーザーと35ミリフィルムの両方が楽しめる映画館に生まれ変わる。

このほか、「国際アート・カルチャー都市」をうたう豊島区や池袋駅周辺の立地を生かした「劇場都市としまエンタメシアターin新文芸坐」を始動。新文芸坐を会場に、ゲストトークイベントやアニソンライブなどを開催する。

関連記事
池袋の新文芸坐が4月15日にリニューアルオープン、初回上映は「4Kで甦る黒澤明」
池袋でしかできない55のこと
東京、深夜営業の店

詳細

住所
東京都豊島区東池袋1-43-5 マルハン池袋ビル 3階
Tokyo
アクセス
『池袋』駅 (東口)徒歩3分
広告
関連情報