HONMURA AN(ホンムラアン)

レストラン 六本木
Honmura An
1/2
Honmura An
2/2

マンハッタンは貴重な料理人を失ったが、日本は素晴らしい蕎麦職人を得た。HONMURA ANの店主、小張幸一が2007年に、亡くなった父の店を継ぐためニューヨークの店を閉めると発表したとき、アメリカの蕎麦ファンたちは喪に服した。何年もたった今でも、小張の蕎麦の味を求めて東京の店を訪れるニューヨーカーたちがいるという(「オノ・ヨーコもそんな一人ですよ」と彼はつぶやいた)。HONMURA ANがなぜ2つの国で成功したかはすぐに分かる。蕎麦は冷たくも温かくも頼めるが、歯ごたえが完璧でとても甘味があるので、つゆを使わずに全部食べられてしまうくらい美味しいのだ。

実際、冷たい蕎麦とつゆが別になった、せいろが店の1番人気らしい。日本語と英語で書かれたメニューだけでなく、小張のしゃべりもバイリンガル対応だ。東京では蕎麦は昼に15分くらいの立ち食いでさっと食べるものという印象が強いので、のんびりディナーを食べられる蕎麦屋というのはちょっと変わっている。広々とした、モダンで明るい店内は、座ってのんびり蕎麦を楽しみたいと思う日本人や観光客を惹きつけるのに一役買っている。蕎麦のメニューは豊富で、夜は季節の特別コースも食べられる。秋のコースは、『金目鯛の丹波蒸し』、『エリンギの豚肉巻』などが含まれ、もちろんせいろ蕎麦もついてくる。一等地にある世界的な有名店にもかかわらず1,000円以下の蕎麦もあるのは、東京でも指折りの蕎麦店としては破格だ。

関連記事

掲載日

ヴェニュー名 HONMURA AN(ホンムラアン)
問い合わせ
住所 東京都港区六本木7-14-18
東京

営業時間 12時00分〜(L.O.)14時30分、17時30分〜(L.O.)22時00分(土・日曜・祝日は12時〜L.O.14時30分、17時30分〜L.O.21時30分)/定休日は月曜、第1、3火曜
アクセス 都営大江戸線・東京メトロ日比谷線『六本木』駅(4b出口)徒歩1分
Static map showing venue location
LiveReviews|0
1 person listening