用心棒

レストラン 神保町
1 Love It
保存する
用心棒

神保町駅から徒歩1分。赤い看板に「用心棒」と力強く書かれた看板が目印の、二郎インスパイア系のこの店は、本家の「ラーメン二郎神保町店」の向かいという立地だが、ラーメン激戦区神保町の中でも常に人気がある。この店の特徴は、外見は二郎であるが、豚骨の背ガラ・ゲンコツを継ぎ足しながら煮込むことで、マイルドかつクリーミーに仕上げる、豚骨醤油味のスープ。二郎というよりは、家系に近い味わい。麺は浅草開花楼の極太麺で、顎をフル稼働させるほどの食べ応えがある。野菜はモヤシ8割、キャベツ2割という具合で、さっと湯通しする程度のためシャキシャキで美味い。また、豚は柔らかさが際立ったタイプ。本家の二郎にボリュームの点では若干負けるものの、営業時間が長いこともあり、使い勝手がいい。コールは、ニンニク、野菜、アブラ、カラメの他に「辛玉」がある。メニューは『ラーメン』(680円)、『豚ラーメン』(830円)など。また、トッピングにカレースパイスやチーズ、スキヤキなどの変わり種があるのもユニーク。

特集記事

掲載日

ヴェニュー名 用心棒
問い合わせ
住所 東京都千代田区神田神保町2-2-21 土田ビル 1階
東京

アクセス 東京メトロ半蔵門線、都営新宿線、都営三田線『神保町』駅(A4出口) 徒歩2分
LiveReviews|0
1 person listening