4 Love It
保存する

東京、ハンバーグ15選

銀座、浅草、五反田などで堪能する洋食の定番

洋食の定番中の定番、ハンバーグ。いくつもの行程を経て作られる料理だけに、肉の挽き方、つなぎの有無、使用する部位、焼き方、そしてソースによって、全く異なる料理になるとも言える。ここでは、肉質の良さを活かしたレアで食べるものから、シェフの確かな腕が伺える洋食屋のスタンダードなものまで、東京で食べられるバラエティ豊かなハンバーグ15選を紹介する。

モンブラン

浅草寺の人気店モンブランでは、国産牛を100%使用した手ごねのハンバーグを鉄板に乗せ、アツアツで提供。6種類あるハンバーグは、デミグラスソースのフランス風、醤油ソースの和風、ピリ辛トマトソースのメキシコ風といった具合に、それぞれ国をイメージしたソースがかかる。なかでもおすすめは『オランダ風ハンバーグ』(918円)。しっかりと牛の存在を感じるハンバーグに、チーズソースがたっぷりかかり濃厚な味わいだ。

詳細情報
浅草

Ryu

千駄木駅近くにある素朴な洋食屋、Ryu。この店の名物『ロシア風ハンバーグ』(1,300円)は皿の半分を占めるほど巨大。パン粉がつけられ、外側がさっくりとしたハンバーグの上にはトロリとした卵が乗り、その上から濃厚でクリーミーなデミグラスソースがハンバーグが埋もれるほどかかる。付け合わせの野菜も、素揚げされたじゃがいもやかぼちゃ、人参、枝豆など豊富。添えられたレモンをはじめに搾ってから味わおう。

詳細情報
千駄木

3匹の子ぶた

門前仲町駅にある3匹の子ぶたの名物『炭火焼ハンバーグ』(1050円)は、サイズこそ小さめだが、外側は網でカリッと香ばしく焼かれ、内側はしっとりと肉の旨味が凝縮した、シンプルながら奥深い味わい。好みに合わせ焼き方が選べ、脂がしつこくないので女性にも人気がある。ソースはデミグラスと醤油ベースの2種類がつく。限定30食のみのハンバーグで競争率が高いので、確実に食べたければオープン間際に行く事をおすすめする。

詳細情報
門前仲町
Advertising

ミート矢澤

精肉卸直営のミート矢澤は、平日でも行列の耐えない超人気店。A5ランクの黒毛和牛のみを使用した『黒毛和牛100%フレッシュハンバーグ』が、平日ランチならば1,050円で食べられる。焼き加減はミディアムレアを選択しても、かなり赤みが残る状態で、肉の品質への確かな自信が伺える。鉄板で提供されるので、好みの焼き加減に調節しながら食べることも可能だ。和風のステーキソースもよく合うが、まずはシンプルに塩で味わいたい。

詳細情報
五反田

つばめや

和牛グリルの専門店つばめやは、人気洋食チェーンつばめグリルの姉妹店。黒毛和牛を一頭買いで仕入れることで、リーズナブルな価格での提供を可能にしている。使用するのは、脂肪が少なく、濃い味わいが特徴の赤身肉。『黒毛和牛100% ビーフハンバーグ』(1,660円)は、スパイスをたっぷり使用し、どこかエスニックな印象さえ受ける個性派。肉は、ナイフを入れるとごろごろと崩れてしまうほど粗く挽かれていて、肉そのものの旨味を楽しめる。お好みで、わさびとゆず胡椒をつけて味わおう。

詳細情報
京橋
もっとみる

コメント

0 comments