東京ギョーザスタンド ウーロン

レストラン 丸の内
1/3
Keisuke Tanigawa
2/3
Keisuke Tanigawa
3/3
Keisuke Tanigawa

タイムアウトレビュー

※2020年8月3日オープン

東京ギョーザスタンド ウーロンは、フレンチや中華など、さまざまな分野のミシュランシェフと中国の点心師がメニュー開発した餃子(ぎょうざ)を楽しめる一軒。東京駅のエキナカ商業施設、グランスタ東京に店を構える。

伸ばしたての皮で包むのは、スペイン産イベリコ豚のバラと、国産の肩ロースを用いたあん。肉は、業者ではひけないようなサイズまで店内でひくのが特徴だ。肉汁をしっかり閉じ込められるよう、餃子は包みたてを焼いて提供される。

ネギソースや刻み大葉、そしてトウガラシ、サンショウ、ゴマ、ユズ皮で作った粉ラー油などのトッピングと味わうのが、同店流の餃子の楽しみ方。ドリンクは、餃子との相性が抜群な中国福建省のウーロン茶葉を使って醸造したオリジナルクラフトビール『ウーロンエール』をチョイスするのがいい。

関連記事
グランスタ東京でしかできない10のこと

掲載日

詳細

住所 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅 地下1階
Tokyo

アクセス 『東京』駅 直結
問い合わせ
営業時間 8時00分~22時00分(日曜・連休最終日の祝日は8~21時)
関連情報
    最新ニュース