チョコレイト ジーザス

  • レストラン
  • 浅草
  • 価格 1/4
  1. チョコレイト ジーザス
    チョコレイト ジーザス
  2. チョコレイト ジーザス
    チョコレイト ジーザス
  3. チョコレイト ジーザス
    チョコレイト ジーザス
  4. チョコレイト ジーザス
    チョコレイト ジーザス
  5. チョコレイト ジーザス
    チョコレイト ジーザス
  6. チョコレイト ジーザス
    チョコレイト ジーザス
広告

タイムアウトレビュー

小説『ハリーポッター』の主人公ハリーが、キングズクロス駅の9と4分の3番線から魔法の世界に行くように、浅草には幻想的かつガーリーなカフェへと続く1つの扉がある。目印は、フルタ靴店という色あせた古い看板。その下にある黄色の扉が入り口だ。ピンクの壁にだまし絵のような床、無造作に重ねられた可愛らしいカップ。まるで、おとぎ話の中に迷い込んでしまったようなこの空間は、オーナーの平野千穂が作り上げた。自分のイメージを忠実に形にするため、解体や左官など、すべてをDIYしたのだという。店を作るにあたり強く刺激を受けたのが、アイスランド出身アーティストのビョーク(Björk)の『venus as a boy』という曲のミュージックビデオ。色味は異なるものの、Bjorkがキッチンで歌いながら目玉焼きを焼いているシーンを何度も繰り返し見てインスピレーションを得たのだそう。メニューは、コーヒーやブレンドティーをはじめ、自家製のチーズケーキやスコーンなどを提供。コーヒー豆は駒込のコーヒー専門店、百塔珈琲から仕入れている。アンティークの椅子に腰掛けて、ドリンクとスイーツが運ばれてきたら準備は完了。優雅なティーパーティーを楽しもう。不定休もあるので、足を運ぶ際は事前に同店のInstagramをチェックするのがおすすめ。

関連記事
東京、ベストカフェ50

詳細

住所
東京都台東区浅草5-10-3
Tokyo
アクセス
東京メトロ日比谷線『入谷』駅 徒歩15分/『浅草』駅 徒歩17分
営業時間
15時00分〜20時00分(定休日は月曜・木曜・金曜日)
広告
関連情報