東京、泊まるだけじゃないホテル&ホステル

読書、サウナ、アンドロイドまで、睡眠だけが目的じゃない宿泊施設
作成者: Mayumi Koyama |
Advertising

ホテルの役割は、旅行先での睡眠場所。東京はそんな常識を壊しつつある。泊まりながら楽しめる設備やサービスを兼ね備えた宿泊施設が目立ってきた。ホテル・ホステル自体が旅行の目的のひとつになるような、個性的なヴェニューを紹介する。

ホテル

ブック アンド ベッド トウキョウ 浅草店

icon-location-pin 浅草

「ベッドアンドブレックファスト」は一旦忘れよう。日本はB ‘n’ Bの新たなスタイルを生み出した。「ブックアンドベッド」はあらゆる愛書家の夢の実現だ。「泊まれる本屋」と自称しているこのホステルは質の高い書籍を揃えており、滞在客は徹夜での読書をしてしまいがち。結果、1晩ぐっすり良い睡眠を得られるかどうかは保証しかねると主張しているほど。棚いっぱいの本を自由に手に取り、滞在期間中に存分に読み耽(ふけ)られることに加えて、宿泊客は、コンパクト、スタンダード、ダブルの3つの宿泊オプションからいずれかを選択できる。トイレとシャワーは共用設備となっている。施設内にはバーもあり、無料WiFiも用意されている。

Hoshinoya Tokyo
Nacasa & Partners inc.
ホテル, リゾート

星のや東京

icon-location-pin 大手町

東京の旅館が絶滅の危機に瀕(ひん)しているように思われた時に、伝統的なベッドアンドブレックファスト体験を最新式にアップデートして現れたのが、このホテル。星のや東京は、東京駅や皇居から歩いてすぐの大手町の中心部にある高級旅館。地下2階を含む19階建てのビルで、畳敷きの客室だけでなく、温泉と日本レストランも設けられている。この地区で初めて採掘された温泉の露天風呂が屋上にあるので、忘れずに入浴しておきたい。

Advertising
ホテル, ベッド&ブレックファスト

Train Hostel 北斗星

icon-location-pin 馬喰町

ここでは自分の内なる鉄道オタク魂を抱き締めよう。東京–札幌間を27年間走り、2015年に運行廃止となった寝台特急「北斗星」の車内備品を取り付けたホステルは、馬喰町駅直結のビルに潜んでいる。北斗星の2段ベッドや、個室寝台の一部実車パーツを内装に再利用し、細部までこだわった寝台列車の空間づくりを取り入れる。部屋はドミトリーと半個室の2種類。料金は2,500円からなので、稼動していた頃の北斗星の最低料金の6,300円と比べると大幅に割安で列車の旅気分が味わえる。

ホテル

ドシー 恵比寿

icon-location-pin 恵比寿

観光客向けの宿泊施設を手がけるナインアワーズの、サウナと睡眠に特化した新業態。1号店の恵比寿店は、ホテルシエスタの跡地をリユースし、ナインアワーズらしいミニマルなデザインに仕上がり、サウナルームは、低めの天井に仕上げて心地よい熱の循環が考慮されている。サウナストーンにミント水をかけ蒸気を発生させる「セルフロウリュ」ができる点は、サウナファンにとって魅力的だろう。

Advertising
ホテル

変なホテル東京 銀座

icon-location-pin 新富町

我が国の機械愛は昨日今日始まったことではないが、現在では、世界初のロボットが接客するホテルに滞在することすらできる。2015年7月に長崎県のハウステンボスが運営する1号棟が長崎にオープンし、「初めてロボットがスタッフとして働いたホテル」としてギネス世界記録に認定されるなど話題となった。銀座店では、滞在客はヒューマノイドに迎えられ、チェックイン手続きをしてもらう。衣類のシワを伸ばしたり、匂いの消臭が可能な、ホームクリーニング機『LGstyler』を全室に導入しているのも魅力だ。

ホテル

京王プラザホテル

icon-location-pin 新宿

寝ている間もキャラクターの世界に浸ることができるとしたら、ファンにとっては夢のようなことだろう。新宿駅西口から徒歩5分のこの老舗ホテルには8室のハローキティールームがある。客室にはハローキティのアメニティが豊富に用意されており、スキンケアのセット、ペン、オリジナルの人形などそれぞれ持ち帰ることができる。明るい色合いで女の子らしい「キティタウンルーム」と、比較的落ち着いた装飾で大人っぽい雰囲気の「プリンセスキティルーム」がそれぞれ4室ある。オプションとして、ルームサービスでキティがテーマの特別朝食がつけられる。

Advertising
kuboderamakoto
ヘルス&ビューティー, スパ

大江戸温泉物語

icon-location-pin 青海

ゆりかもめ線テレコムセンター近くにあるこの温泉テーマパークは、江戸時代の銭湯を上手く再現しており、屋内風呂と露天風呂、サウナのほか、1泊できる宿泊施設も備えている。寝湯やぬる湯など6種類の異なる入浴設備がある。お湯はナトリウムと塩素イオンを豊富に含み、地下1400メートルから引かれている。ここでの温浴は、神経痛、筋肉痛、関節痛に効能があるとされている。1泊の料金は2人で1万8,000円からで、すべての設備の利用ができる。

Things to do

ホテル コエ トーキョー

icon-location-pin 渋谷

渋谷パルコ・パート2跡地にできたこのガラス張りのビルは、ホテルでありレストランであり、ショッピング施設でもある。ファッション好きならメンズ、レディース、キッズの棚に没頭できるはずだ 。一方 、ベーカリー・レストランで食事をしたり、生演奏やDJのスペースでギグを楽しんだりもできる。ホテルは3階にあり、温かみのあるグレーと天然木のトーンの多用、幾何学的なラインとバランス、アンビエントな雰囲気と照明を特徴とした、モダンなデザインの10客室が用意されている。

壁は取り払う......

ホテル

夜景がきれいなユニバーサルルームのあるホテル

バリアフリー仕様のホテルは珍しくはないが、その多くは、スロープやエレベーターなどが「とりあえず」備えられているに過ぎないのが現状だ。車いす利用者も当然のことながら、東京の美しい夜景を眺めながらぜい沢な時間を過ごしたり、恋人にプロポーズをしたりしたいもの。そんな思いに応えてくれる、夜景がきれいなユニバーサルルームのあるホテルを紹介する。

Advertising
This page was migrated to our new look automatically. Let us know if anything looks off at feedback@timeout.com