ROVO LIVE FOREST 2020
ROVO LIVE FOREST 2020

ROVOが多摩あきる野で野外ライブを開催決定

「ROVO LIVE FOREST 2020」は入場人数制限と有料配信で実施

Advertising

2020年7月11日(土)、東京都多摩あきる野市にある野外ライブ会場、多摩あきがわライブフォレストでROVOが2020年初の野外ライブ『ROVO LIVE FOREST 2020』を入場人数限定&有料配信で開催することが分かった。

アウトドアフェス『ナチュラルハイ』や『八ヶ岳ハイライフ』などを主催するアースガーデンとタッグを組んで実施。多摩あきがわライブフォレストは、武蔵五日市駅から徒歩20分ほどの山中にあるキャンプ場、深澤渓・自然人村内に新しくできた準常設の野外ライブ会場だ。コロナ禍における新しい人の集い方、音楽の楽しみ方を模索し、ソーシャルディスタンスを確保するため、間隔を開けてチェアを配置するなど3密回避に配慮されている。

多摩あきがわ #ライブフォレスト

 

「多摩あきがわ #ライブフォレスト」

 

同会場では、5月に『ライブ@ホーム』という無観客のライブを配信し、6月14日には初の野外限定集客ライブと配信を組み合わせたイベント『多摩あきがわ #ライブフォレスト』を開催。ComplianS(佐藤タイジ& KenKen)、勝井祐二(ROVO)、辻コースケ(GOMA & JRS)などが70人の観客と60人の配信観客を前にステージパフォーマンスを行い、注目を集めた。

「多摩あきがわ #ライブフォレスト」の焚き火セッション

 

「多摩あきがわ #ライブフォレスト」 焚き火セッション

 

チケットは会場入場が限定150枚、駐車場は限定20台となっており、ライブ配信はZAIKOで販売、配信。いずれも6月25日(木)から専用ページにて販売開始される。

今後増えていくニューノーマルな野外ライブの一つを先取り体感してみよう。

チケットなどイベントの詳細はこちら


関連記事

Diplo主催のパーティーが人気ゲームフォートナイト内で開催

日本の夏に欠かせない「サマソニ」オンラインでの開催が決定

毎週音楽フェスを開催するキャンプ場が千葉県勝浦にオープン

東京近郊のグランピング施設8選

旅気分で働けるリモートワークフレンドリーな宿4選

Share the story
最新ニュース
    Advertising