フラワーエッセンス セッションイメージ
フラワーエッセンス セッションイメージ

38種のフラワーカードから読み解くオンラインセッション

Advertising

オンライン会議や飲み会など、遠隔でコミュニケーションをとる機会が増え、ヨガやピラティスなどのオンラインレッスンを開始するスタジオも急増中。今や、自宅でさまざまな時間が過ごせるようになった。 

そんな中、今回、体験したのがフラワーエッセンスのオンラインセッション。これは38種類の植物のカードから今、自分が向き合っている状況や必要としているものを読み取るというセラピー。植物のフラワーエッセンスを、花の朝露を口に含むように日々、飲用することで心と体のバランスを整えていく。  

フラワーカード

 

フラワーカード

 

オンライン上で対話するプラクティショナーは葉山御用邸から程近い、カフェ&ヒーリングサロンやまねこの山根佐枝。元編集者ならではの鋭い分析と、ライターとして多くのインタビューをした経験から、語り口が柔らかく、占いや人生や相談をしているような感覚で身をゆだねられる。

ひらめきでカードを選び出されたフラワーカードにはそれぞれ意味があり、例えば今回、筆者がたどり着いた1枚は「直感」に関わるといわれるセラトー。8月から10月に青紫色の素朴な花を咲かすヒマラヤ原産の草花だ。直感を信じられずに揺らぎ、前に進みたくても、不確実性に当惑している人が必要とするフラワーエッセンス。本来持っている直感を取り戻し、内なる声に従って速やかに決断、行動できるよう導いてくれるという。 

イギリス発祥の「Dr.バッチ フラワーエッセンス」とは医学博士エドワード・バッチが確立した自然療法。心の状態を読み解き、自分の内面に向き合うフラワーエッセンスのオンラインセッションは本来の自分を取り戻すきっかけとなるだろう。

テキスト:間庭典子

カフェ&ヒーリングサロンやまねこの公式サイトはこちら 

関連記事

縫わなくても簡単にできるDIYフェイスマスクを作ろう

家でエレガントなホテル体験をしよう、アンダーズがオンラインツールを配信』 

Share the story
最新ニュース
    Advertising