ニュース / トラベル

「第2回 Culture & Art Book Fair in Taipei」、いよいよ今週末開催

「第2回 Culture & Art Book Fair in Taipei」、いよいよ今週末開催

2017年12月9日(土)と10日(日)の2日間、台北の華山1914文創園區にて第2回 Culture & Art Book Fair in Taipei』が開催される。日本と台湾の出版社やリトルプレス、ギャラリー、アーティスト約50組が参加するアートブックの祭典だ。

イベントを主催するのは、クリエイターチームArtqpieの代表で雑誌『䬜誌Let’s Zine』の創業者Argi Chang、「Discover Japan Now」をコンセプトにした台湾の人気雑誌『秋刀魚』の編集長エバ・チェン(Eva Chen)、日本と台湾をつなぐカルチャー誌『LIP 離譜』の代表田中佑典、台北の富錦街(フージンジェ)エリアにセレクトショップやカフェを展開するFUJIN TREE GROUP CEOの小路輔ら。

親日家が多いことで知られる台湾は、訪日観光のリピーター客も多く、日本のカルチャーやニッチな情報に関心が高い。そんな背景もあってか、昨年の開催では2日間で約5000人を集客したそうだ。

 昨年の様子

今回タイムアウト東京もブースを出店。最新の『タイムアウト東京マガジン』や、『東京でしかできない88のこと(英語版 第7版)』を配布するほか、タイムアウトオリジナルZINE『パブリックキャッツー東京の看板猫たちー』と作家5組の作品を販売する。

『パブリックキャッツー東京の看板猫たちー』は、東京の店で働く猫たちを紹介する人気企画。ZINEにするにあたり、猫選びには苦労しなかったようだ。編集を担当した、タイムアウト東京の小滝詩織は、「取材を通してたくさんの猫と出会いましたが、そのなかでも過去の記事を見ずともパッと出てきた印象的な猫たちを選びました」と振り返る。

 パブリックキャットシリーズより、カフェアルルの次郎長と石松

ZINE作家5組には、ユーモラスな「顔面占い」パフォーマンスでも知られるイラストレーター日橋慶充(にっぱし よしみつ)や、プロレスとアイドル好きの日本在住イギリス人イラストレーターバニー・ビスー(Bunny Bissoux)、懐かしさをテーマにした写真雑誌『アイネ』を制作する篠宮由香利と草薙しおり、写真家でイラストレータのドキドキクラブ、イラストレーターのYui Horiuchiら、個性豊かな作家が集まった。

『Culture & Art Book Fair in Taipei』はいよいよ今週末開催。台北旅行の計画をたてているなら、ぜひ旅程に入れてほしい。

日橋慶充 『ニッパシのスケッチブック風 人間採集集』

 Bunny Bissoux『WHITE MEAT BABY FACE

 篠宮由香利、草薙しおり『アイネ』

 ドキドキクラブ『I LOVE メガネマスク』

 

イベント概要

『第2回 Culture & Art Book Fair in Taipei』

日時:2017年12月9日(土)10時00分〜20時00分、12月10日(日)10時00分〜18時00分 
場所:華山1914文化創意産業園區(中4A紅酒作業場) 
入場料:150TWD 
主催:Culture & Art Book Fair 実行委員会 

  

 

Advertising
Advertising