Luke's Lobster, lobster roll
Photo: Luke's Lobster

渋谷ストリームのルークスロブスター、定番メニューを半額以下で販売

11月30日で閉店、今だけの特別価格に駆け込もう

作成者:
Lim Chee Wah
広告

ニューヨークから日本上陸したルークスロブスターは、メインスタイルの『ロブスターロール』が定番メニューとして知られているが、『クラブ&シュリンプロール』やホットサンド、スープなどもある。ロブスターの名産地であるアメリカのメイン州にこだわり、うま味や香りがたっぷりの素材を使っているのがポイントだ。

東京では表参道や新宿にも店舗があり、いつもにぎわっている。だが残念なことに、2020年11月30日(月)をもってルークス ロブスター 渋谷ストリーム店の閉店が決定。

Luke's Lobster Shibuya Stream
Photo: Lim Chee Wah

今までの感謝を込めて、シーフードロールを特別価格で販売している。イートインで『ロブスター&クラブロール』が990円(通常1,758円)、『クラブロール』が660円(通常1,518円)、そして『シュリンプロール』が 440円(通常1,045円)と、半額以下の値段で食べられる。しっかり食事をしたい人は、プラス200円でドリンクセット、プラス400円でフレンチフライとドリンクが付いてくるセットを注文しよう。

Luke's Lobster Shibuya Stream
Photo: Lim Chee Wah

ルークスロブスター渋谷ストリーム店は、11時から19時まで営業。イートイン、テイクアウトともに注文可能だ。

原文はこちら

関連記事

アメリカで最もビーガンニーズに対応しているのはニューヨーク

奥渋谷でナチュールワインと音を感じる、スタジオ ミュールがオープン

職場は川に浮かぶいかだ? ニューヨークで水上オフィス実現か

カリブ海フランス領生まれのカレー、コロンボ専門店が新宿にオープン

おしゃれフードコート? 人気店を集めたセントラルキッチンが日本橋に誕生

最新ニュース

    広告