Studio Mule スタジオ ミュール
Photo: Keisuke Tanigawa

奥渋谷でナチュールワインと音を感じる、スタジオ ミュールがオープン

mule musiqのToshiya Kawasakiが手がける大人のための上質な空間

作成者:
Hisato Hayashi
広告

奥渋谷に、アンダーグラウンドミュージックシーンのトップレーベルとして、国内外から高い評価を受けるmule musiq主催のToshiya Kawasakiが手がけるバーがオープンした。名前はスタジオ ミュール(STUDIO MULE)。Kawasakiが選曲するレコードをヴィンテージオーディオで聞けるほか、ナチュールワインのコレクションからその日おすすめの一杯が楽しめる。ボトルでの注文も可能だ。

スタジオ ミュール
Photo: Keisuke Tanigawa

空間デザインは、イソップの店舗デザインで知られる、二俣公一率いるケース・リアル(CASE-REAL)が担当。入り口すぐのブースには、mule musiqのレコードが一面に置かれている。こちらは店頭販売を行なっており、直接購入も可能。 

スタジオ ミュール
Photo: Keisuke Tanigawa

店内の客席は、御影(みかげ)石を使ったカウンターテーブルとクラシックな椅子のみ。椅子の背もたれは、店名の頭文字からとったMの形になっている。

スタジオ ミュール
Photo: Keisuke Tanigawa

  

 約1000本のワインコレクション 

スタジオ ミュール
Photo: Keisuke Tanigawa

店の奥のガラス張りウォークインセラーでは、約1000本ものナチュール(自然派)ワインのコレクションが並ぶ。これはオーナーのKawasakiがDJプレイでヨーロッパを旅するなか、10年かけて集めた至極のコレクションだ。店頭に出ているもの以外にも1000本ものストックがあるという。この日はKawasaki自らがアイデアを出して作られた、ミニマス・ワインズ『ノワール 2016』もセラーの中に収まっていた。

スタジオ ミュール
Photo: Keisuke Tanigawa

  

「ナチュールワイン好きは、感度が高い人」 

Kawasakiがナチュールワインのコレクションを始めたのは、パリで伝説のレストラン、ラシーヌ(Racines)を手がけ、自然派ワイン界をけん引するピエール・ジャンクーに出会い「新しくて古い自由な」ワインのとりこになったことがきっかけだという。

東京にもナチュールワインを扱うビストロやレストランなど、さまざまな個性の店があるがバーの形態はなかなか珍しい。Kawasakiは、「ナチュールワインにひかれる人は感度が高く、ユニークな人物が多いのです」と語ってくれた。 

スタジオ ミュール
ヨーロッパで古くに使用されていたワインリスト(Photo: Keisuke Tanigawa)

ヴィンテージオーディオで聴くレコードミュージック

スタジオ ミュール
Photo: Keisuke Tanigawa

また、オーディオ環境にも注目したい。スピーカーは 70年代後半のKlipsch、ターンテーブルは同時代のTHORENS、アンプ類は80年代後半のMark Levinsonと、貴重なヴィンテージオーディオがそろっている。訪れた際は重厚な音質と新鮮なナチュールワインに、五感を研ぎ澄ませてみてほしい。 

スタジオ ミュールの詳細はこちら 

関連記事

ビールの楽しさに目覚めるブルワリーパブが五反田の高架下に登場

カリブ海フランス領生まれのカレー、コロンボ専門店が新宿にオープン

おしゃれフードコート? 人気店を集めたセントラルキッチンが日本橋に誕生

変容する六本木に新たなアートコンプレックスANB Tokyoが誕生

人気フルーツサンド専門店ダイワスーパーのカフェが恵比寿に出店

最新ニュース

    広告