Photo: Tokyo Metropolitan Government
Photo: Tokyo Metropolitan Government

東京都、カラオケやライブハウスへの立ち寄りを控えてほしいと呼びかけ

Advertising

2020年3月30日、東京都知事の小池百合子による緊急記者会見が開かれた。会見では、新型コロナウイルス感染者が東京都内で累計443人、回復40人、死亡8人と発表された。

小池は、現在も引き続き『感染爆発 重大局面(オーバーシュート 重大局面』であると話し、「海外からの帰国者や、感染経路が不明な事例が増加している。引き続き都民の一人一人の協力が必要。平日の夜間の外出や週末の不急不要の外出は控え、無意識にウイルスを拡散させないよう、適切な行動をしてほしい」と呼びかけた。

また、夜間営業の接客をともなう飲食業の場で感染したと疑われる事例が広がっていることから、特に若年層はカラオケやライブハウス、中高年は接客を伴うバーやナイトクラブ、飲食店への立ち入りを当面控えてほしいと強調した。

さらなる夜間の外出自粛が強調されたが、心配されるのは東京のナイトライフシーンに関連する事業だ。現在、Save Our Spaceでは、政府や国会議員に対しての助成金交付に向けた嘆願書を作成し、10万筆の署名を集めることを目標に、2020年3月31日(火)に記者会見を行う。こちらもあわせて注目して行きたい。 

関連記事新型コロナウイルスに関する情報

Share the story
最新ニュース
    Advertising