pikachu tattoo
Photo: twitter.com/soapachu

日本風のタトゥーを入れる前に知っておくべきこと

作成者: Time Out Tokyo Editors
広告

日本とタトゥー文化には複雑な関係がある。伝統的な日本のタトゥーは入れ墨と呼ばれ、紀元前、縄文時代にまでさかのぼる歴史を持つと考えられている。現代の日本において、入れ墨はヤクザを連想させるためネガティブなイメージで見られているが、日本のキャラクターや漢字を入れたいと願う自由な精神を持った外国人にとって、そのことは妨げになっていないようだ。

日本が誇るキャラクターや日本の言葉には愛すべき要素がたくさんあり、それらを一生身につけていたいと望む気持ちは理解できる。その上で日本語やキャラクターを肌に刻みたいと決心した際には気に留めておくべきことを伝えよう。特に日本語は複雑な言語のため、言葉を選ぶ際にはいくつか注意が必要だ。

適切な職人を見つける

お気に入りのアニメキャラクターのタトゥーを彫りたい願いは悪いことではないが、線や陰影を完璧に描けるアニメーターに適う人はなかなかいない。費用を渋って、ピカチュウのような代表的なキャラクターのタトゥーが不器用な落書きの仕上がりになってしまったら、大抵の人々にはその違いがまるわかりだろう。このタトゥーの持ち主のポケモンファンは、幸運なことにイラストが上手なタトゥー職人に失敗を修正してもらえたようだ。

Tattoo
Photo: tattoodaze.com

漢字とカタカナの違いを知る

日本語には漢字、ひらがな、カタカナと3種類の文字がある。それらは文脈と音節の使われ方次第で、意味が大きく異なってくる。

この女性が首に「強い女」という意味の文字を入れたいと思ったことは明らかだ。しかし「強い=strong)を意味する漢字が、厄介な昆虫の「蚊」をカタカナで書くときの文字に限りなく似ていることを、彼女は知る由もなかった。このタトゥーには「力(ちから)」と「女」の文字が並んでいるが、日本語では「蚊女」と読まれる可能性もあるかもしれない。 

好きな漢字を組み合わせてはいけないこともある

この2つの字はそれぞれ「痛み」と「風」という意味だが、一緒になると「痛風」という意味になる。幸いこれはビデオゲームのスクリーンショットであり、「痛みの風」というセルフブランディングをしようとして失敗した本物のレスラーではない。

この投稿をInstagramで見る

Asgard Tattoo CWB(@asgardtattoo)がシェアした投稿 -

大物になれ、さもなくば故郷に帰れ

この男性が上腕二頭筋に掘られた文字の意味を知っていたかは定かではないが、おそらくは「失敗」と入れたいとは絶対思っていなかったはずだ。一般原則として、よく知らない漢字を彫ることは避けるのがベスト。まして、太く見やすく刻まれる文字は危険だ。

直訳に頼らない

アリアナ・グランデを擁護するならば、日本の炭火焼用グリル「七輪」には愛すべき要素がたくさんあるものの、かなり情熱的な食いしん坊でも積極的にこれを手に彫りたいと思う人はほとんどいないだろう。アリアナは、彼女の曲のタイトル 『7 Rings』 を表すタトゥーを手のひらに入れた写真(現在は削除済み)をInstagramにアップしたとき、ネットユーザーたちに笑いものにされた。彼女は後に「指」を表す漢字を加えてタトゥーの修正を試みましたが、大した改善にはならなかったようだ。

原文はこちら

関連記事

隔離生活中の誕プレはこれ? セレブからの動画メッセージが届くサービスが人気

最新ニュース

    広告