虎ノ門横丁
Photo: Toranomon Yokocho

日本の伝統をリメイク、魅力あふれる虎ノ門横丁へ

東京初のクラフトジン蒸留所やミシュラン獲得店など多彩なラインナップ

作成者:
Lim Chee Wah
広告

横丁は、飲み屋やバーなどの小さな店がぎゅっと詰まった路地。東京で横丁と言えば、新宿西口の思い出横丁のんべい横丁、最近では恵比寿横丁渋谷横丁などがあり、それぞれでは楽しい夜を過ごせる。近年、横丁のコンセプトが近代化され、洗練した新しい「路地」がショッピングモールや高層ビルに登場しており、特に渋谷パルコのカオスキッチンでは、国際色豊かな日本料理が楽しめることで有名である。

きらきら光る虎ノ門ヒルズビジネスタワーの3階にある新しい虎ノ門横丁、近年の横丁の中でも最も印象的なスポット。巨大なランタンが入り口で出迎え、会場全体の広さには圧倒されるだろう。現代的なデザイン、高い天井のゆったりとした空間は、リラックスした居心地の良い雰囲気だ。

Toranomon Yokocho – Hand Picking Wine
Photo: Lim Chee Wah

広い空間の中央には、クラフトビールバーの虎ノ門ブルワリー、ワインセラーでありワインバーのハンドピッキングワインがある。後者は、神宮前にあるエレガントでモダンなベトナム料理と日本料理のレストラン、An Diを経営し、ソムリエでもある大越基裕がプロデュースしている(虎ノ門横丁上級者向けのヒント:ここでワインを1本手に入れて、横丁内のレストランで楽しむこともできる)。

Shushokudo Toranomon Distillery
Photo: Lim Chee Wah

バーの横には、青梅の地元の植物と水で作られた、クラフトジンの蒸留所がある。酒食堂 虎ノ門蒸留所は、ボトルの購入もできるほか居酒屋も兼ねていて、唐揚げ、明太子(めんたいこ)フォカッチャなどのフードもおいしい。夕方に訪れる場合は、爽やかな屋外テラスがおすすめだ。

Common Gin at Toranomon Yokocho
Photo: Lim Chee Wah

ここで重要なことを伝えよう。虎ノ門横丁には、東京で最も有名なレストランや、老舗の焼き鳥屋の分店が入っている。なじみやすいメニューも提供しており、初めての客でも気軽にその味を試すことが可能だ。

Bird Land, Toranomon Yokocho
Photo: Lim Chee Wah

入り口近くには、銀座でミシュランの星を獲得した焼き鳥店、バードランドがある。ここでは、通常のコースメニューのほかに、アラカルトの注文もできる。バンコクとニューヨークに店舗を構えるビブグルマンに評価されたタイ料理レストランソムタムダーもオープン。特に注目すべきは、銀座のミシュラン二つ星を獲得したスリオラで、ここでは大きな鉄板で調理風景を見ながら料理を楽しめるのだ。

Toranomon Yokocho
Photo: Lim Chee Wah

そのほかにもラーメンや餃子(ぎょうざ)、とんかつやフィッシュバーガー、鍋料理や、香港スタイルのバーベキューまで20以上のレストランがあるため、店を一つに絞ることはとても難しい。しかし、そんな場合でも大丈夫。ほとんどのレストランではテイクアウトメニューも提供しており、前述のワインセラーやクラフトビールバーの近くの共同テーブルで楽しむことができる。

モダンな横丁の落ち着いた雰囲気と、素晴らしいフードやとドリンクの組み合わせは、2020年の東京にオープンした中でも最もエキサイティングな場所と言えるだろう。

原文はこちら

関連記事

タイムアウト東京トラベルフォトコンテストを実施

虎ノ門で過ごす22時間

再開発に沸く日本橋兜町に注目のパティスリー イーズがオープン

東京、ホテルの都民優遇キャンペーン

観光客のいない東京で、今こそ行くべき人気スポット

最新ニュース

    広告