tokyo
Photo : シルバーブレット(写真AC)

新型コロナの感染拡大で、東京都がカウントダウン自粛呼びかけ

新規感染者初の1000人台突破、国内全体でも4515人

テキスト:
Time Out editors
広告

2020年12月31日、東京都知事の小池百合子は「コロナに年末年始はない」として、カウントダウンなどを控えるように求めた。これは、12月31日の東京都新規感染者数が1337人(うち重傷者89人)を記録したことを受けたもの。31日の感染者数は、12月26日の949人(同81人)を大幅に上回って東京都で1日で記録される人数として初の1000人台を突破した。

国内全体で見ても、31日の新規感染者数は4515人(同681人)で、同じくこれまで最多であった26日の3882人(同654人)を大きく更新、初めての4000人台となった。神奈川県でも588人で、東京都以外で初めて1日に500人を超えた。

内閣総理大臣の菅義偉は31日の感染者数を受けて、「明らかに増加傾向で大変厳しい認識」をしていると述べた一方、緊急事態宣言に関しては言及を避け、医療体制の確保と感染拡大の抑制を強調している。

関連記事

全国に寒気到来、写真で眺める日本の雪景色

年末年始の休業、時短営業を発表しているスーパーやコンビニ

全世界から日本への新規入国を一時停止へ

ロンドンの大みそか花火、2020年は中止

新型コロナの影響で渋谷駅周辺のカウントダウンイベントを中止

最新ニュース

    広告