Gundam
Photo: ©SOTSU・SUNRISE

想像以上の迫力、動く等身大ガンダムがついに全貌を公開

横浜に出現、全長は約18メートル

https://d32dbz94xv1iru.cloudfront.net/customer_photos/3d733c4f-4115-45d8-90f2-b7f23c2d5403.jpg
テキスト:
Emma Steen
広告

新型コロナウイルスの影響でオープンが遅れていた横浜のガンダムファクトリー。2カ月遅れとなったものの、いよいよ一般公開まで3週間を切った。2020年11月30日には内覧会が開かれ、報道陣の前で実際に動き出す18メートルのガンダムのデモパフォーマンスが披露された。

オープンを待ちわびているというファンは、いち早く届いた内覧会の映像をチェックしてみよう。映像とはいえ、体をねじらせながら歩いたりさまざまな姿勢をとったりするガンダムは迫力満点だ。

オリコンニュースがアップロードした動画では、リアルなナレーションとともに格納デッキが開き、煙を噴出しながらガンダムが歩き出す様子が映し出されている。

ファンがアップロードしたこの動画は、デッキから出てきたガンダムが腕を上げたり胴体を回転させたり飛び立とうとポーズを取る様子が見られる。手足を一本一本振る動きはゆっくりとしているが、その迫力と存在感は印象的だ。

今回の内覧会で行われたガンダムのパフォーマンスは、一般公開される本番の動きとは異なるとのこと。開催期間は2020年12月19日(土)から2022年3月31日(木)までの予定だ。チケットの予約はガンダムファクトリーの公式ウェブサイトをチェックしよう。

関連記事

京都に操縦できるエヴァ初号機が誕生、手のひらに乗ることも

村上隆の10メートルの金色新作彫刻が六本木ヒルズ前に登場

ガンダムの頭をおはらい、動く18メートルのロボットが完成へ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに任天堂の新エリアがオープン

ソフトクリームを32秒で提供? キュートでスマートなロボット

最新ニュース

    広告