Jardin d'Eau, Fondation Claude Monet, Giverny
Photograph: Fondation Claude Monet

モネのアトリエや寝室をのぞく? バーチャルで訪れるピンクの邸宅

作成者:
Huw Oliver
広告

「#おうち時間」で妄想の旅へ出るのが好きであれば、次は、フランスのジヴェルニーへ行ってみるのはどうだろう。この牧歌的な田舎町には、印象派の巨匠であるクロード・モネが暮らしていた。クロード・モネ財団では、彼の広大な邸宅や庭園をバーチャルツアーや映像で紹介している。

モネが2番目の妻と8人の子ど一緒にジヴェルニーの家に住んでいたのは、1883年から亡くなる1926年まで。もとは荒れた農場だったが、モネは少しずつ改修を重ね、絵のように美しいパステルピンクの邸宅を建てた。250もの睡蓮の作品を含む、有名なモネの作品の多くが生まれたのもこの場所。敷地内には日本式庭園もあり、池には有名な緑色のアーチ型の橋がかかっている。

敷地全体は1980年代から一般公開されていて、現在では年間50万人以上の観光客が訪れている。もちろん今は行くことはできないが、この素晴らしいバーチャルツアーが、モネの最初のアトリエ、家族の寝室、そして彼の膨大な日本の版画コレクションを展示するサロンなど、邸宅内のほとんどの部屋を案内してくれる。見るものすべてが趣深く、同時にゴージャスだ。

ただ、一つだけ問題がある。このバーチャルツアーには有名な庭園が含まれていないのだ。邸宅を見終わったら、財団のVimeoチャンネルへ行き、四季を通じて美しい花が咲く花壇の映像を見るのを忘れずに。

モネの絵を見たくなったら、パリのオランジュリー美術館のサイトをのぞいてみよう。ここでは、モネの傑作、睡蓮シリーズをバーチャルツアーで楽しむこともできる。

原文はこちら

関連記事

ギャラリーペロタンが60以上の展示をオンラインで無料公開

ニューヨーク近代美術館が無料で学べるオンライン講座を提供

最新ニュース

    広告