MoMA
Photograph: Shutterstock

ニューヨーク近代美術館が無料で学べるオンライン講座を提供

Advertising

巣ごもり生活をきっかけに何かを学ぶのも悪くない。例えば、近現代アートについてプロフェッショナルの視点から勉強するのはどうだろうか。アート、特に近代からコンテンポラリーまでのアートは多くの情報であふれている。そうした事情もあって、作り手と鑑賞者の間には各自の背景にある教養など知的環境のギャップが生じることもある。知的な営為であるアートを見るにあたって、手持ちの知識は多いに越したことはないのだ。

その意味で、ニューヨーク近代美術館(MoMA)が413日に開講したさまざまなコースはとても有益だ。MoMAは既にオンラインビューイングポッドキャストでのバーチャルツアーをアップロードしているが、今回は、『デザインとしてのファッション』『写真を通して見る』『モダンアートと諸概念』『コンテンポラリーアートとは何か』など、作品理解のためにより考え抜かれた構成だ。いずれもMoMAのキュレーターやアーティスト、デザイナーらから直接教えを請う貴重な機会となっている。

例えば、『コンテンポラリーアートとは何か』はドクメンタにも関わってきたクリスティアン・ラッテマイアーらが担当し、「今日アーティストがどのように制作しているのかに関してより深く理解でき、アクチュアルな問題や私たちの時代の問題についての多くのアプローチのうちのいくつかをも探求できる」。「テレビからインターネットまでのメディア」「権力」など5つの観点から80年代から現在までのMoMAの70以上の所蔵品を扱い、直接アーティストやデザイナーたちから話を聞くこともできる。

『デザインとしてのファッション』を担当するのは、2019年のミラノトリエンナーレも担当した、パオラ・アントネッリで、ジーンズから3Dプリンター製のドレスまでを扱い、工房見学やインタビューも含まれている。

これらはいずれも、オンラインで学位取得などをサポートするCourseraから詳細の閲覧、登録ができる。受講は無料で、新しいコンテンツは4週間ごとに更新されるので無理のないペースで学べるだろう。

関連記事

50のギャラリーが集まる、無料のオンラインサイトが始動

オンラインビューイングでNYのアートギャラリーへ

Share the story
最新ニュース
    Advertising